ブログトップ
珍元
気になる店・・
街歩きをしていると、この“気になる店”が、より気になることが多い。
何を言いたいかというと、要するに街を歩けば、のども渇くし、お腹も空くし、普段より気になる店に足が向いてしまうということ。

かの池波正太郎さんは、「散歩の途中で、何か食べたくなって」と全国の街の名店を本にまとめられているが、プアマンズな散歩人としては、老舗の料理屋でちょっと一杯・・という訳にはいかず、もっぱら散歩の途中でお腹が空くと、喫茶店や街の食堂に向かうことになる。

そんな散歩の途中で出会った一軒の中華そば屋さんは、僕にとって忘れられない“気になる店”なのである。


e0113246_12181919.jpg


阪急大宮駅から南に下ったところにある「珍元」は、知る人ぞしる中華そばの名店で、伊丹十三監督の映画「タンポポ」のモデルになったことでも有名である。

大宮というと、餃子の王将の一号店が出来た土地柄でもあり、庶民派の名店が多い。
グレゴリ青山さんの「ナマの京都」でも、京都における王将の偉大なる存在が記されているが、京都には雅な文化とともに、庶民の文化が成熟している。


e0113246_12191137.jpg


紅い暖簾をくぐって中に入ると、L字型のカウンターのみの狭い店内。体をひねるだけで調理ができる無駄のない厨房には、大きな寸胴が据えられ、壁から突き出た煙突が“中華そば屋の年季”みたいなものを感じさせてくれる。

人の良さそうなオヤジさんによると、伊丹監督は、通りの反対側からしげしげと店を眺め、店に入ってきたと思ったら、自らが厨房に入って中華そば作りのイメージを何度も確認されていたのだそうだ。


e0113246_12195652.jpg


さっそく「中華そば(並)」を注文した。ぎとぎと油や大げさな湯切りもなく、オヤジさんのもくもくと中華そばを作る姿が何とも美しい。

肝心の中華そばは醤油だれのまったりしたスープにゆるめの麺がからんで美味い。盛々のネギもシンプルな中華そばを引き立てていると思った。

ごっくりスープを飲み干すと幸せな気分が込み上げてくる。
これで値段は控えめの450円。


e0113246_12204623.jpg


美味いんですよ。

老舗のカフェ良し、フレンチの名店良し、料亭の昼ご飯良し、の京都なのだけれど、プアマンズの街歩きにはやっぱり“街の中華そば屋”が欠かせない。気になる店なのである。



●珍元
  京都市中京区壬生相合町20  TEL075-801-9589
  open : 10:00~23:00
  close : 月曜日


e0113246_12211979.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2010-02-28 12:30 | 美味しいもの/店 | Comments(6)
Commented by kuronekoyuya at 2010-02-28 17:40
「京都には雅な文化とともに、庶民の文化が成熟している」
まさしく!おでも常日頃感じていることなんです、京都のほんとうの魅力ですね
珍元さんの中華そば、おでの大好きななつかしい醤油味ラーメン
これで450円なのですか?素晴らしすぎます
プアマンズ代表格なおでのお財布にもやさしいお値段、お味もバッチリで
これで京都への電車賃さえあれば・・・うぇ〜ん
Commented by ちゃありぃ at 2010-03-02 21:40 x
yuyaさん、こんばんは。
返信が遅くなってすみませんでした。
京都はホントによいですよ!東京の下町の粋さはないかもしれませんが、碁盤の目をたどるように街を歩くのはとっても楽しいです。そんな街のはずれにブームに流されない庶民派の老舗を見つけるのが僕の快感なのですよ。喫茶店も同じですが、時代を感じるお店が大好きです。
ぜひ京都へおいでやす〜!おけいはんで・・(笑)
Commented by わた at 2010-03-05 18:18 x
ずいぶんと京都に行っていません。
学生時代は「天下一品」と「なか卯」にお世話になりましたが、考えてみたら普通のラーメン屋さんって行ったことないですね。
名店とのことですが、450円とはまた安いですね。もし、京都に行く機会があれば四条大宮で降りてみます。
Commented by ちゃありぃ at 2010-03-16 22:03 x
わたさん、こんばんは。
レスが大変遅くなってホント申し訳ありませんでした。
昨年もでしたが、3月はどうにもこうにも動きがとれません。
>普通のラーメン屋さん・・
京都はラーメン激戦区ですが、味わいという意味では「珍元」さんはオススメですね。昭和のよき時代のやわらかで幸せな味わいです。
行く価値ありのフツーの中華そばは貴重です。
Commented by ぽん at 2010-05-29 06:58 x
ちゃありぃさん ごぶさたしてしまってすみません・・ちゃありぃさんもグレゴリさんお好きですか?わたしも大好きで・・大阪の古本屋さんでのお仕事の本とかもとてもよかったですねー。ガケ書房に直筆の文字が書かれていたことがあったので、ときどきすれ違ったりもしてるのかな?と思ったり・・
珍元いい風情ですね。松原通も大好きです。
そして、ちゃありぃさんの暮らしの変化。わたしも種類はちがうものの、昔はそう好きでもなかった「The long and winding road」や「Let it be」がすごく身にしみたりすることも多い昨今です。キヨシローさんみたいにいろんなことを人生のブルースとして味わえたらいいな、って思ってます。応援してますヨ☆
Commented by ちゃありぃ@with song at 2010-05-29 10:14 x
ぽんさん、ホント!お久しぶりです。
昨晩、ぽんさんのサイトを拝見していたので、今朝コメントを見てびっくりしました。(笑)
本・映画・音楽に精通したぽんさんのコメントを読んで、さすがって感じです!
音楽や映画を自分とオーバーラップするのは非常にプラトニックなことだと思います。
僕の気分はキャロル・キングの「it’s too late」です。(苦笑)

これからのぼくのテーマは「What's Going On」「The Weight」を BGMに残された人生をどう設計するかですね。
コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
<< 珈琲店 ISHIHARA 百合珈琲 >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30