ブログトップ
オマメプランツ
暑い夏の日・・

庭に生えた青々とした雑草を眺めていて、ふと「life goes on」という言葉が頭に浮かんだ。言い古された言葉なのだけれど、結構これは大事なことなのではないとか思っている。

そして、オマメプランツに初めて行った時も、この言葉が僕の頭をよぎった。



e0113246_2131122.jpg



オマメプランツは、昭和の風情が残る三条通り商店街を少し上がったところにある。

あたりは住宅街(住宅街と言っても、いかにも京都の町中と言った感じなのだけれど...)で、小さな看板がなければとてもカフェがあるとは分からない。

背の高いレンガ張りの建物は、重厚な寄せ棟造りの屋根になっていて、元は医院として使われていたらしい。


表に立てかけてある手書きの看板をチェックし、奥まったところにある入り口に向かった。
室内は、植物系のお店らしく、ゆるい空気が流れていて、とても気持ちがいい。



e0113246_213041100.jpg



窓際には、いろいろなサボテンが並んでいる。
奥の棚には、プランターなどのガーデニング用品も見える。

ツル系や大きな葉っぱの熱帯系の植物がないので、とてもすっきりしていて、いかにも僕好みなのがうれしい。


e0113246_21325595.jpg



カフェメニューはシンプルだが、コーヒーは一杯ずつコリコリと豆を挽いて、ドリップで丁寧に抽出される。紅茶もポットでサービスされるし、ジュース類も充実しているのでいろいろ試してみるのもイイかもしれない。

何度か食事もしたが、クロックムッシュや黒米粉が入った黒カレーもとても美味しかった。

植物と一緒に暮らす感覚は、食べ物にも現れるのではないかと思っている。



e0113246_2134272.jpg



とんがり渦巻きのニット帽がよく似合う店長はとても感じのいい方で、サボテン好きのオーラが体からにじみ出ている。

元々造園業をされていてサボテンに目覚めたそうなのだが、サボテンはとても地球環境にやさしい植物であることを、僕はこの店長から教えてもらった。


カフェの中には無機質でスノッブな印象を売る店もあるが、ぼくはカフェこそ、空間と対話できるゆるゆるとした居心地が大事だと思っている。


僕がイメージするカフェの一つに、この店のような植物系カフェがあることに間違いない。




e0113246_21353657.jpg




● オマメプランツ
  京都市中京区西ノ京観学院町25 TEL075-201-3098
  open:11:00~20:00
  close:不定休(要確認 http://yaplog.jp/omame_plants/



e0113246_2136156.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2011-08-20 21:49 | カフェ/喫茶店 | Comments(2)
Commented by ひらりん at 2011-08-21 05:40 x
更新嬉しいです!

普段遠くにはあまり行けませんが、記事に素敵なお店だなあと思っては住所を確認して「この街に行くときには寄ろう」なんてワクワクしてます。
Commented by ちゃありぃ at 2011-08-21 11:37 x
ひらりんさん、こんにちは。
最近隠れ家っぽいカフェばかり、足を運んでいます。
京都でも行きにくい場所がほとんどなので、大変なのですけどね・・
でも自分の居場所を見つけたときは、疲れも吹っ飛びますよ。(笑)
<< ほぼ日手帳 そろそろ・・ >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30