ブログトップ
みつばちの小倉アイス

e0113246_08542816.jpg


最近、老舗の居酒屋が気になって仕方がない。

日本酒のみ、ご飯ものはなく、旨い肴が数種という、老舗居酒屋の潔さがカッコ良く思えてならない。

相方は日本酒党で、店の良し悪しを燗付けで見分けことが出来る素晴らしい才能を持っていて、その才能に対する僕の憧れもあるのかもしれない。


週末東京に行くことになり、以前から気になっていた湯島の「シンスケ」という大正14年創業の老舗居酒屋へ出かけた。

元々酒屋だったということもあり、日本酒は秋田の「両関」のみ。

本醸造と純米酒の2種類あって、冬場は樽酒も用意される。


さっそく「本醸造」をぬる燗で注文した。

テーブルに運ばれてきたぬる燗は絶妙の付け加減で、相方も満足しているのがひと目でわかる。

よき昭和の佇まいの店内で、ねぎぬたと〆さばを肴に絶品の時間が過ぎていく。


酔いもいい感じにまわってきたので、店を出て湯島界隈をふらふらと散歩した。

東京の下町は大阪とはまた違った雰囲気があって、地名の由来なんかをちょこっと頭に入れておくととても楽しめる。


辺りは上野につづく昭和の雰囲気が残る歓楽街。

何となく口寂しいと思いながら春日通りを南に向かって歩いていると『小倉アイス発祥の店・創業100周年 』と書いた看板に目が留まった。

店の名前は「みつばち


e0113246_08542117.jpg

冷たくて甘いアイスの感覚が口元をよぎり、うつろな目でショーウインドウを眺めていると、まんまる顔の店員さんと目が会った。

「・・・小倉アイス、一個ください。」

東京の下町には芋甚の「アイスもなか」や北千住かどやの「みたらし団子」など、避けては通れない街角スイーツがたくさんある。

竹のザルで渡された小倉アイスは、これぞ“日本スイーツ”のいい顔をしていた。


さっそく一口食べてみた。 これが、・・うっ!、美味い!!!

とにかく、もなかの皮がさくさくでぱりんぱりん。

アイスも乳製品のこってり感が全く無く瑞々しささえ感じる。

上質の小倉をシャーベットにしたと言えばわかりやすいかもしれない。


さすがに左党の相方もこの美味さには参ったようで、二人で感激してしまった。


上野界隈へ行かれる方は是非。

ホンマに美味しいです。

こんなに美味しい「小倉アイス」は生まれて初めて食べました。


みつばち 本店

 東京都文京区湯島3-38-10 ハニービル 1F TEL 03-3831-3083

 http://www.mitsubachi-co.com/



e0113246_08543723.jpg






[PR]
by browns_cafe | 2015-01-31 09:11 | 美味しいもの/店 | Comments(2)
Commented by なおっぺ。 at 2015-02-04 13:42 x
これは絶対に食べたいですね!一気に口の中に入れてしまいそうです。。。1個で止めれる自信がないです。。。??
Commented by browns_cafe at 2015-02-04 21:56
絶対食べてください。でも一気食べは無理ですよ。(笑)
僕もシンスケの帰りに食べて、また次の日に行ってしまいました。
甘さは控えめなので、いっぱい食べても太らないし、小豆なのでむしろ身体にいかもしれませんね。
アメリカまで送りたいな~・・(笑)
<< 深夜食堂 TORIBA COFFEE /... >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング