ブログトップ
HIROFUMI FUJITA COFFEE / ヒロフミフジタコーヒー


散歩が楽しい街の条件に美味しいコーヒーが飲めるカフェは欠かせない。

ぼくみたいに観光地や繁華街が苦手な人間は、どうも散歩というものに思い入れやこだわりを込めたがる習性があるようだ。

玉造界隈はそんな僕の思い入れが一杯つまった貴重な街の一つになっている。



e0113246_13050479.jpg


HIROFUMI FUJITA COFFEEがあるのは、長堀通りから細い坂道を上がったところ。
前が車の通れない狭い路ゆえ、わざわざ行かないと通りすがりでこの店に出会うのは難しいかもしれない。


全面をガラス張りにして、洒落たイニシャルのロゴが目を引く。
店内は倉庫を改装したような雰囲気で凝った内装ではない。

ステンレスの焙煎機とコーヒー豆を売るショーケース、腰高の長いカウンターなど、コーヒーを提供し楽しむための最低限度の設えがイマドキなのかと思う。


カウンターのマスターに目配せして、壁際のテーブルについた。


e0113246_12511561.jpg


テーブルからは、ガラス越しに向かいの植栽がまるで併設された植物園のように美しい。

ごく普通の植栽なのに、路が狭く全面がガラスになっているので、偶然の光や影でいろいろな表情を楽しむことが出来る。

「こんな店、他にないよな・・」と、僕は“その小さな風景”がすっかり気に入ってしまった。


用意されるコーヒーはブレンド3種類と自家焙煎のスペシャルティコーヒー。
値段はどれも470円で、二杯目からは170円で別の豆を選ぶこともできる。


せっかく玉造まで来たのだからとブレンドから「玉造ブレンド」を注文した。


e0113246_12512517.jpg


カウンターの奥では、マスターが挽きたての豆をドリップする姿が見える。仕上げに香りを確認しテイスティングまでされて、ようやく僕のコーヒーが出来上がった。

運ばれてきたコーヒーは褐色の美しい色をしていた。

隣りには、お茶請けにと、抹茶を練りこんだ黒糖が添えられてあった。


さっそくお茶請けをひとかけ口に含んで飲んでみた。

えっ、 ぬるくてゆるい・・


でも誤解のないように。ぬるくてゆるいは僕にとって決して否定的な言葉ではない。

巷のコーヒーがコントラストの強いデジタルカメラの写真だとすると、ここのコーヒーはモノクローム写真のように階調の豊かさを感じさせるコーヒーだと思った。

コーヒーの風味が喉の奥にふわんと残る。



e0113246_12515703.jpg



梅田や天王寺でひと息つきたい時にわざわざこの店に足を運ぶことがある。
それぐらい居心地がいい。

HIROFUMI FUJITA COFFEEは僕の散歩のイメージにぴったりのコーヒーショップだった。


それにしても ぬるくてゆるい・・・(笑)







e0113246_12514981.jpg


[PR]
by browns_cafe | 2015-03-01 13:23 | カフェ/喫茶店 | Comments(0)
<< 横浜中華街の北京 ぎんざ 力 >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31