ブログトップ
富士生クリーム
e0113246_0293311.jpg

コーヒーの飲み方はこうでなくっちゃ!?みたいなこだわりがある方ではないが、コーヒーと一緒にでてくるコーヒークリームについては、以前から少々気になっていた。

普段は何気にブラックで飲んでいるけれど、温め直されて出てくるような透明度の低い濃い目のコーヒーの場合、クリームを入れると味わいがぐっと増すことがある。
カフェオレやラテは牛乳で薄まるような感じがするにの対し、コーヒークリームは独特のコクとほのかな甘みがコーヒーをまろやかにしてくれてとてもいい感じなのである。

これまでも好みのクリームを見つけるため、美味しいと思ったコーヒーショップでクリームの銘柄を聞いたことはあったが、業務用ばかりで気軽に買えるようなものではなかった。

大阪で濃いコーヒーを出すことで有名な丸福珈琲の場合、脂肪分40%以上の純生クリームを使っている。しかし純生クリームは保存がきかないため自宅で使えるようなシロモノではない。一方、チェーン経営のコーヒー専門店は10%程度のものを使っているようで、これも頼りない。

そんな中、いろいろあたって見つけたのが、岩手県の守山乳業が出している「富士生クリーム」である。乳脂肪分20%の本格派で、試しに家で使ってみると、自分でドリップしたコーヒーでもホテルのあの味になるのでびっくりした。

コーヒーは苦くってどうもと言う人や一日何杯もコーヒーを飲んでたまに雰囲気を変えたいときなど、「富士生クリーム」はかなりプロっぽい隠し技になると思う。
[PR]
by browns_cafe | 2007-02-21 00:32 | 美味しいもの/店 | Comments(2)
Commented by あきんとん at 2007-02-21 15:51 x
実は最近紅茶やさんと仲良しで私も勉強中なんですよ。
紅茶ではエバミルクをいれるというのがちょっとリッチに飲むコツのようです。エバミルクって練乳の砂糖抜き。牛乳を煮詰めたものなんです。このあたり生クリームとどうちがうのか説明できないのですが、エバミルクの横にこの富士の缶を見かけるのでおもわずレスしました。
Commented by ちゃありぃ@管理人 at 2007-02-21 22:52 x
あきんとんさん、こんばんは。
ぼくはコーヒーに目覚めて、あきんとんさんは紅茶なんですね。(笑)
エバミルクといえば、イギリスに行ったとき、コーヒーに付いてきたのがエバミルクでした。
日本のように酸味のあるぴかぴかしたコーヒーではなく、香ばしい感じの味なので、乳脂肪分の高いエバミルクはよく合いましたね。でも太りそうですが・・・(笑)
コメントありがとうございました。また、遊びにいらしてくださいね。では~!
<< モカ珈琲 そば切り 蔦屋 >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング