ブログトップ
六曜社
東京でカフェを経営する人から聞いた話だが、京都の喫茶店はどの店へ入っても美味しいコーヒーが飲めるのでびっくりしたそうだ。そんな京都で本格コーヒーを出す喫茶店として思い浮かぶのが、三条河原町の角にある六曜社である。

e0113246_062953.jpg

コーヒー界のカリスマ・マスタア奥野修さんの淹れるコーヒーにファンは多い。 金魚の水槽がある一階は落ち着いた雰囲気の喫茶室で、いつも老若男女でにぎわっている。
奥野さんが切り盛りする地下店は昼12時の開店で、夜6時以降はバーでの営業となる。

e0113246_014675.jpg

長いカウンターと奥のボックス席、店内を照らすまどろんだ照明はぼくにとって大人の社交場そのもので、初めてここに来た高校生の頃のどきどき感が今も忘れられない。
常連客がずらりと並ぶ夕方の時間帯にこのカウンター席に座るのは今でも勇気がいる。
これもこの店が刻んできたマスタアと客との長い時間の系譜に違いない。

e0113246_01828.jpg

コーヒーは自家焙煎のオリジナルブレンドで、香りがとてもいい。どちらかというと浅煎りで酸味のある豆をブレンドしているように思うが、苦味のバランスもよく、ケーキやオリジナルのドーナツとの相性も抜群にいい。
ぼんやりとコーヒーを飲みに入って、その伝統的な味わいに思わず背筋が伸びることも。普段はイノダのコクのあるマイルドな口当たりが好みだけれど、酸味のある六曜社のコーヒーに少し砂糖を入れた大人の味が、長い間の京都通いで見つけたぼくの “京都コーヒー”なのだ。

e0113246_024479.jpg

  
●六曜社
  京都市中京区河原町通三条下ル東側 TEL 075-221-3820
   一階 8:00-23:00 無休
   地下 12:00ー18:00 水曜休
[PR]
by browns_cafe | 2007-10-16 00:32 | カフェ/喫茶店 | Comments(8)
Commented by ぷー at 2007-10-16 20:34 x
ちゃありぃさん、こんばんは♪
実は先週京都旅行に行ってきました!関西にいるころには京都に泊まりで行くことは
なかったので、初めて京都に泊まってたくさん観光してきました。
この六曜社さんも素敵なお店ですね、ちょっと大人っぽくて^^
京都滞在中に一軒だけ、喫茶店にいきました。
以前、ちゃありぃさんのHPで昭和喫茶で紹介されていた、「たんぽぽ」です。
5時半頃店の前にいくと、明かりもついていなくて、またしても・・・閉店?!っと
心配しつつ、ドアから中を覗くと、明かりがついて「珈琲どすか?」と
割烹着の女将さんが^^
ちょうど開けようとしていたところだったそうで・・
少しお話したんですが、本当に京ことばが素敵ですよね~
女将がとてもかわいいので、是非一緒に写真撮ってくださいとお願いしましたが、
かたくなに拒まれてしまいました><残念!

Commented by ちゃありぃ@たんぽぽー! at 2007-10-16 21:22 x
ぷーさん、すごい!!(驚)
「たんぽぽ」で語り合える仲間を待っていたのですよ!!
たんぽぽはホントすごい喫茶店です。
現存する京都の喫茶店でも伝説に一番近いのではないでしょうか?
一時期、腰の痛みがつらくて店を閉められるという噂を聞いていましたが、女将さんがお元気と伺って安心しました。
たんぽぽの看板は入り口の横に立てかけてありましたか??
昭和カフェでも書きましたが、ぼくが見ている前でトラックに引っかけられて、落ちてしまったんですよ。それでもへこたれないたんぽぽの根はやっぱり強かったです。
ただ、祇園の女将の一見さんお断りの洗礼をぷーさんも体験されたようですね。
ぼくの想像ですが、あの女将さんには確固たる祇園の格式が身についているのだと思います。完璧な状態でないと、決して写真には写らない。若い頃の華やいだ時代からの教えなんでしょうね。
ぷーさん、書き込みありがとうございました。元気がでました。(笑)
http://www.hi-ho.ne.jp/jan23/showa_cafe12.htm
Commented by ぷー at 2007-10-17 16:38 x
ちゃありぃさん、喜んでいただいて何よりです。
女将さんはお元気だったんですけど、ひざを痛めておられるとかで、コーヒーを運んで
こられるときに、びっこを引いておられたので、慌ててお盆をもらいにいきました(汗)
以前は腰を痛められてたのですか・・・かなりお年なので、足腰にきてしまうんでしょうね・・心配です・・
私たちが埼玉から来たと言うと、遠いところからと大変喜ばれて、帰るときもお店の
外までお見送りしてくださいました。短い時間でしたが、忘れられないひと時になりました。女将さんの魅力にもメロメロです(笑)会えてよかった・・!
ちゃありぃさんの、想像は当たりじゃないでしょうか?完璧な状態じゃないと写真には写らない・・女将さんは、猿之助はんを観に行くときだけは、パリっとキレイにするんやけど・・・ってなことをおっしゃっていたので、割烹着ではダメだったのかも(笑)
で、看板は入り口横にたてかけてありました><電気は点くのですが・・
ちゃありぃさんのあの写真が、看板がちゃんとついていた最後の写真になっちゃったのかも><たんぽぽの根は強い・・グッときますね、がんばってほしいです。
Commented by ちゃありぃ@昭和喫茶 at 2007-10-17 23:20 x
昭和喫茶をめぐっていて一番感動する瞬間ですね。
京おんなの芯の強さを持ちながら、同時に遠方から来た客人をもてなす心遣いが素晴らしいと思います。
たんぽぽは、“忘れられないひととき”という言葉が一番似合う喫茶店ですよね。

ぷーさんのコメントがすごく温かくて、感激しました。
撮りためた昭和喫茶の中に未公開のたんぽぽの写真がありましたので、アップします。
Commented by わた at 2007-12-02 18:23 x
ずいぶん前に(ブログができる前)一度おじゃましました。たまに覗かせていただいてます。ちゃありぃさんの取材力に感心、というか、ほんとにカフェがお好きなんだなあというのが伝わってきます。

六曜社は懐かしいです。長い間、河原町にあるんですね。うちの叔母が若い頃に行ったころがあるというので、そうとう歴史がありますね。私も学生時代に何度か行きました。
世の中の移り変わりはめまぐるしくて、昔なじんだ街を尋ねても変わっていてガッカリすることが多いです。とくに喫茶店やカフェは流行り廃りが激しいですね。そういう中で、変わらないものがある、というのはほっとするというか、安心感があります。変わらず存在しつづけ、世代を超えた共通の話題になることは素晴らしいことです。

また遊びに来ます。あとでうちのブログからもリンクさせて頂きます。
Commented by ちゃありぃ@ちょっと多忙 at 2007-12-03 18:44 x
わたさん、こんにちは!
六曜社の記事にコメントをいただきとてもうれしいです。
六曜社はぼくが高校生の頃初めて一人で入った想い出の多い喫茶店で、前を通る度に京都のあちこちの喫茶店をどきどきしながら巡った記憶が蘇ります。
わたさんの叔母様が若い頃にいかれたというエピソードは素敵ですね。何代も通える喫茶店がある街はぼくの理想なのですよ。スクラップ&ビルドではなく、旧く大切なものを長い歴史の中でリューアルしながらどう新しい時代になじませていくかを考えるべきなのでしょうね。わたさんの波長が伝わってきます。

≫うちのブログからもリンク
ありがとうございます。とっても光栄です。
ところで、先ほど、わたさんのサイトを拝見しましたが、視線がとても新鮮ですね。それぞれの記事に関連が無いようで実はみんなつながっている・・・みたいな不思議な感覚を覚えました。わたさんってどんな人???って感じです。(笑)
ぜひ又遊びにいらしてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。では~!
Commented by わた at 2007-12-03 20:58 x
ちゃありぃさんは高校時代からすでにカフェフリークだったのでしょうか...
おっしゃる通りに、これからはものを大事にする時代がまた戻ってくるかもしれませんねー。

それからうちのサイトを見て頂いてありがとうございます。あまりコメントしてくれる人がいないので、またお暇なときでもちょっかいかけてください。今後ともよろしくです。
Commented by ちゃありぃ@想い出バージョン at 2007-12-04 19:02 x
以前にも書きましたが、ぼくに京都の喫茶店を教えてくれたのは、高校の同級生のお姉さんでした。京都女子大に通うお姉さんの話を聞いては、土曜日や試験休みに京都に出かけました。それと月刊「太陽」の京都特集はぼくの大切なバイブルでしたね。いまでも大事にとってあります。フランソワや築地の写真に何度しびれたことか...(笑)
≫またお暇なときでも
ほとんど他のブログにコメントしないので、お約束はできませんが、わたさんの波長は大好きなので是非伺いたいと思います。では!
<< 祇園のたんぽぽ TITLe - Coffee&... >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30