ブログトップ
マヅルカ
秋も深まってきましたね。
久々に渋めの昭和喫茶のレポです。


e0113246_22302776.jpg

最近、風俗系の店が目立ち始めた阪急中通り商店街にある「マヅルカ」は、カウンターだけの小さな喫茶店である。薄暮色のガラスには、バラの透かし模様が刻まれていて、昭和の雰囲気が色濃く残っている。

マヅルカは道頓堀にあった本店からの暖簾分けで、昭和38年、この場所で本格コーヒーの店としてオープンした。内装は、喫茶店など施工したことのない大工が、試行錯誤を重ね、2ヶ月以上もかかって造りあげたのだそうだ。

名栗の縁取りと大理石を刷り込んだメラニン樹脂の壁面が時代を感じさせる。コーヒーは開業以来自家焙煎にこだわっていて、入荷した豆は10kgごとに米袋に入れて階段下に積まれている。

e0113246_22312626.jpg


コーヒーを淹れさせたら誰にも負けへん」と30年以上この店を仕切ってきた初代マスタアは、数年前に他界されたが、その技術と心意気はそのしっかりと2代目に受け継がれている。

ネルドリップで抽出されるコーヒーはコクがあってマイルド味わい。白いノリタケのカップに映る深い色合いも当時のままに違いない。
コーヒーが280円。たまに小腹がすいた時に注文する100円也のトーストは耳がカットされて出てくる。これも「耳を残されるとネズミがかじったみたいで汚らしい。」という先代からのこだわりなのだそうだ。


この店で一人コーヒーを飲んでいるといろんな人がやって来る。

社長!何しましょ。」「熱いの?ひやこいの?」  『ほんなら熱いので...』

張りのある大阪弁と目配せの絶妙のタイミングでこの店は成り立っている。いつまでもスタイルを変えることのない時間の止まった喫茶店には、今も昭和の人間関係が息づいている。


e0113246_22325263.jpg


●マヅルカ  大阪市堂山町16-11 06-6311-4809 ほぼ7:00~19:00
[PR]
by browns_cafe | 2007-10-25 22:46 | カフェ/喫茶店 | Comments(8)
Commented by あき。 at 2007-10-26 22:31 x
営業時間の「ほぼ」がいい感じですよね。
ふと、神田「エリカ」のマスターとの会話を思い出しました。
明日がその年最後の営業日っていう日、明日の営業時間を伺ったら、
「早い時間に閉めます。気分次第です。」って言われた事を。
多くの人がほっこり癒される場所だからこそ、お店の人にとっても、
そんなおおらかさがちょっとくらいあっても良いと、私は思っています。

Commented by ちゃありぃ@ねむい at 2007-10-27 06:20 x
あき。さん、こんにちは。
昭和喫茶はきっちりしているようで、マスタアひとりの店は、その日その日でやっておられるところも多いみたいですね。
マヅルカはそんなルーズではなさそうですが、店構えはかなり怪しいです。(笑)
最近は、若い女性が一人で入ってきてびっくりするとマスタアがおっしゃってました。一見ではかなり入りづらい雰囲気です。マスタアはやさしいですけどね。
ところで・・・エリカのその後、ご存じですか???
Commented by 沙月 at 2007-10-28 05:02 x
久々の書き込みです・・皆様、お元気で秋をお過ごしでしょうか?
>多くの人がほっこり癒される場所だからこそ、お店の人にとっても、そんなおおらかさがちょっとくらいあっても良いと・・
仰る通りだと思います。私も、「今日はもう閉めた」と言われてすごすごと、帰ってきたことが何度あるか・・。そのときは落胆して再訪する気も失せかけるのですが・・結局また、懲りずに行ってしまうのです。私を翻弄してくれる、昭和喫茶がニクイです(笑)
マヅルカは、薔薇模様の窓の写真が素晴らしく美しいですね。もう、絵葉書にしたいぐらい・・。
最近、実は大阪の喫茶によく行ってます。憧れだった中崎町のうてな喫茶店へ行き、丸福にも行きました。どちらも予想以上に素敵で・・特にうてな喫茶店は素晴らしかったです。何しろ古色蒼然とした空間と静かなBGMが最高に心地良い上、素敵な本も置いてあり、珈琲もケーキも美味しいのですから♪
ところでエリカのことは分からないのですが、吉祥寺のボアも閉店するそうで・・。前回、東京へ行った際、東郷青児の包装紙を記念に買っておいて幸いでしたが・・本当に残念です。せめて一度はお茶を、飲んでみたかったのに・・(泣)
Commented by ちゃありぃ@これから寝ます。 at 2007-10-29 00:44 x
沙月さん、こんばんは。
お久しぶりです。お元気ですか??
> 大阪の喫茶によく・・
そうなんですか!大阪は神戸や京都とも又違った喫茶文化があるようですし、沙月さんがどんな風に感じられるかとても興味があります。中崎町も最近は行ってないですが、うてな喫茶店もよさそうですね。「大阪人」の中崎町特集の表紙は確かこのお店だったような...
>ボア
先日も「ももや」の閉店を知りましたが、時間がものすごく速く流れていくような気がして気が気ではありません。今日、三宮の「ジャヴァ」の前を通りましたが、こちらは客入りもよく、薄暗い店内も“あの”ままでした。でもいつかは閉店するのかと思うとつらいですね。
Commented by 沙月 at 2007-10-29 20:47 x
ええと・・大阪の喫茶に行くようになったのは(こういうところで語るのも何ですが)本を出して以来、悲しいことが多く、心を蘇生させるため新たな感動と精神の平安を求めたためでございます・・(-_-;)
うてな喫茶店は本当に心地良すぎてかなり長居しました。そこそこ、色んな喫茶店にお邪魔したつもりですが・・あんなに安らげるところって稀です。何より中世の聖歌とおぼしき音楽が流れたのには驚きました。「私、リクエストしてませんけど!?」って感じで・・(^^;
丸福は心斎橋と、故あって姫路へも行きましたが、何を注文しても美味しいので、感動しました(笑)店内もシックでレトロ、すごく落ち着けるしお客さんも静かに寛いでおられる方々ばかり・・どの店にも、古き良き時代の喫茶室の雰囲気が色濃く受け継がれているのに感激しました。嗚呼・・クラシック洋館な北浜店にも行きたいです(>_<)あと、以前ちゃありいさんが紹介して下さった大大阪も行きたいと思っているんですけどね~。
>「大阪人」の中崎町特集
えっ!何ですか、それ?すみません・・そんな雑誌あるの知りませんでした(汗)ちょっと見てみたいです。大阪の本屋さんなら普通に売っているのでしょうか??
Commented by 沙月 at 2007-10-29 20:50 x
>時間がものすごく速く流れていくような気がして・・
そうですよねえ・・(しみじみ)。私なんて元から超アナクロな人間ですから、いつも無理やりジェットコースターに乗せられて生きてるような感覚ですよ(泣)ついていけなくて、時々、心のほうが壊れかけてしまいます(>_<)
>いつかは閉店するのかと思うと・・
そんな悲しいこと考えるの止しましょう・・(泣)キャラバン・サライにももやにボア・・次々に古き良き時代の面影を残した喫茶店が消えていく中、私はしまいに「ああ、またか」と思えるようになってしまう、感覚が麻痺することが何より怖いです。
世間から見れば莫迦みたいに見えるかも知れませんが、ひとつひとつのお店の消失をちゃんと、悼み悲しむことの出来る感覚を、いつまでも決して失いたくないといつも思っています・・。それが、掛け替えない時間を過ごさせてくれた喫茶店を最後まで本当に愛することではないかと、思うのですが・・なんて。偉そうですね(^^;
Commented by ちゃありぃ@管理人 at 2007-10-30 17:54 x
沙月さん、こんにちは。
喫茶店のBGMは重要ですよね。ある調査で喫茶店のBGMを替える事で客の滞在時間に法則的な影響がでた。というようなことを聞いたことがあります。うてなさんのように、ゆったりした時間をすごせるBGMならいいですが、逆に客の回転を早めるようなBGMを選ばれるとたまったものじゃないですね(混雑してくるとそんなBGMに替える喫茶店もあるようですが...)。その点、昭和喫茶のクラシックやゆるいジャズはすばらしいと思います。
≫丸福は・・
大阪の喫茶店は「商人の街」ならではものが多いので、浪漫というよりは時代の勢いみたいなものを感じる店が多いように感じます。「丸福」は名前からして大阪らしいですよね。エリカ、ボアとは随分印象が違います。
≫悼み悲しむことの出来る感覚を・・
ぼくもそれは感じています。でも旧い喫茶店を愛する感情というのは、ものすごく私的なものだというのも一方ではありますね。
≫「大阪人」の中崎町特集
堂島のジュンク堂なら間違いなくバックナンバーで手に入りますよ。「大阪人」は大阪市の外郭団体が発行している月刊本ですが、地域ごとに企画された編集になっていて、ミーツ的な話題も多く楽しめます。
Commented by 沙月 at 2007-10-30 21:08 x
>「大阪人」バックナンバー
教えて下さって、有難うございます。今度、梅田へ出たら寄ってみます。
そういえば、うてな喫茶店には「東京人」が置いてありましたよ(笑)。ヌマ伯父さんの喫茶学特集だったので、ず~っと、繰り返し読んでいました。
<< 神戸のかたち 東風のいちじくパン >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31