ブログトップ
Café Wiener Rose カフェ・ヴィーナローゼ
今日は12月24日、クリスマス・イヴ。ようやく仕事から解放されて、にわかクリスチャンへ変身を目論んでいるところです。みなさんのイヴのご予定はかがですか??
ちょっと背伸びをしたくなるのが、クリスマスの気分ですよね。そんなイヴの日にちょっと気になるウイーンスタイルのカフェのお話です。

e0113246_13274810.jpg


JR環状線の玉造駅から西側周辺は最近注目のエリアで、フレンチレストランやオーダー家具、スイーツショップなど、隠れ家的な店が点在している。坂があり、神社があり、学校があり...ありふれた日常の風景なのだけれど、この場所の歴史の蓄積みたいなものが日常の風景に“隠れ家の存在”を上手く共存させているような気がしていた。そんな玉造の雰囲気にぴったりと溶け込んだコーヒーショップがWiener Roseである。

場所は乙女の学舎が連なる山の手の一角、カトリック系の女子校として名高い城星学園のすぐ前にある。歩道を歩いていても、カフェがあることなど全くわからず、店の前にぽつんと置かれた小さな看板だけが目印になっている。

木製の大きなドアは一見では少々入りにくいが、壁に飾られた小さなプレートやオーナメントはとてもフレンドリーで、優しく穏やかなイメージを感じさせる。

e0113246_13281972.jpg

さっそく店内に入ると目の前にコーヒー豆の焙煎機があり、小さなショップスペースではコーヒー豆とオリジナルの焼き菓子が売られていた。
奥のカフェスペースは床を一段上げ、ショップからの視線も上手く遮り、プライベートなカフェタイム楽しむための配慮がなされている。5人ほどがかけられるカウンター席と4人掛けのテーブル3脚のミニマムなスペースだが、壁を白くすることで広々と見え、清潔感もあってとても落ち着くことができる。ちょっとしたフレンチのレストランのような雰囲気である。

e0113246_13284515.jpg


コーヒーはオリジナルブレンドからスペシャルティーコーヒーまでいくつかセレクトされているので、その日の気分でコーヒーを選ぶのも楽しい。
オリジナルケーキにも力を入れていて、レシピにもこだわった本格的なスイーツを味わうことができる。定番のザッハトルテはチョコレートを扱うため冬限定になっていて、季節によって手に入る果物を使った手のこんだケーキが期間限定で提供される。

オリジナルブレンドのコーヒーは何かホッとする一杯で、とてもやさしい印象を受けた。ザッハトルテも絶品で、「コーヒーでスイーツ」というウイーンあたりのカフェの楽しみ方がこの店のイメージしているところなのかもしれない。

e0113246_1329240.jpg

注文したザッハトルテがあまりに美味しかったので、帰り際ケーキの感想をお店の人に伝えたら、オーナーの奥さんらしき人から「ぜひ、また足をお運びくださいね〜(熱!)。」と烈々なオファーを受けてしまった。少々気恥ずかしかったが、こんな会話ができるカフェは大好きである。

このコーヒーショップは、カフェ好きの友人を案内するときっと喜ばれるに違いない。コーヒーでケーキというスタイルに馴染みがなかったカフェ好きには是非ともオススメしたい店である。


 ●Café Wiener Rose  カフェ・ヴィーナローゼ  
   大阪市玉造2-25-18 TEL:06-6167-9488
   open :am10:00- pm7:00
   close :wednesday


e0113246_13262326.jpg



(追記)
今日はクリスマス・イヴ。
都会の喧噪を避けて玉造の山の手を散歩するというプランはいかがですか?
ついでに、いもせさんでお蕎麦を食べ、Wiener Roseさんで美味しいコーヒーとケーキをいただき、目の前にある玉造カトリック教会で聖夜に祈りを捧げるというというのは、意外性あり、サプライズありで絶対ステキですよ。コンパクトだし、お金もかからない。
いやはやあまりのグッドアイデアに絶句でございます。(笑)
フレンチのディナーに飽きた向きには案外新鮮でいいかもしれませんね。
ややや!これは絶対シブいですよ!シブ過ぎますー!!!(笑)

ではではお後がよろしいようで!
みなさま。すてきなクリスマスをお過ごしください。  Merry Christmas !!



(追記2)
今年の12月は大忙しの毎日でルミナリエも行けずじまい。やけくそで街のイルミネーションをアップします。ついでに同僚のネイルアートもクリスマスバージョンで...


e0113246_13254525.jpg




e0113246_13255639.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2007-12-24 13:41 | カフェ/喫茶店 | Comments(6)
Commented by cafe-lover79 at 2007-12-24 16:47
こんにちは。
私もカフェ大好きで、ちゃありぃさんのブログにいつも癒されています♪
私は東京在住なのですが、よかったら覗きに来てください☆
クリスマスらしいネイル素敵ですね!
Commented by そばの横好き at 2007-12-24 20:21 x
>都会の喧噪を避けて玉造の山の手を散歩するというプランはいかがですか
なかなか良さげなプランですね。

それにしても手タレさんのお仕事、いつ拝見しても見事です! 感嘆。
Commented by わた at 2007-12-25 00:19 x
玉造にこんなオシャレな場所があったとは...
昔、玉造で働いていましたが、
今これを見て改めて驚いています。大阪は広いなあ。(変わったなあ?)
Commented by charlie@lunch at 2007-12-25 12:10 x
café-lover79さん、こんにちは!
ブログをご覧いただいてありがとうございます。
先ほどcafé-loverさんのサイトを覗かせていただきました。
カテゴリーの幅が広いのでびっくりです!café-loverさんの趣味の広さを感じました。
写真もとってもキレイだし、またちょこちょこ覗かせていただきます。
旅行もお好きなようで、ぜひ関西へも足をお運びくださいませ!!
これからもよろしくお願いいたします。ではでは~!
Commented by charlie@lunch at 2007-12-25 12:12 x
やはり、良いカフェの条件としてロケーションは外せません。最近特にそんな風に思います。
≫手タレさんのお仕事
こちらの手タレさんは、クリスマスイヴイヴに21才になったばかりのうら若きネイルディプロムです。
足のじん帯を手術したばかりなのに、今ごろは博多の屋台で一杯やってるに違いありません。
なんと、うらやましや・・・!(笑)
Commented by charlie@玉造ファン! at 2007-12-25 12:14 x
わたさん、こんにちは!玉造というか、玉造から四天王寺にかけての上町台地は、大阪の歴史の中でも特に重要な位置を占めていて、官公庁や学校、社寺の多いところとして知られています。そのせいか開発もゆっくりで、ぼくの通っていた高校(上本町と玉造の間)周辺も当時とほとんど変わっていません。そんな町の雰囲気だからこそ、こだわりのパティシエやシェフ、クラフトマンが集って来たのだと思います。もちろんJR玉造駅周辺の高架下や日の出商店街は最高に素敵な庶民町ですし、そのギャップが玉造の魅力になっているのだと思いますね。
ウィーナローゼさんのオーナーも元は調理師学校の講師をされていて、レストランだった場所にカフェをオープンされたようです。そういえば、1月には、元リッツカールトンのパティシエのショップもオープンするらしいです。ますます目が離せませんよ!
<< 掃除の途中で... Cafe do BRASIL ... >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31