ブログトップ
カテゴリ:カフェ/喫茶店( 100 )
コーヒーショップ マル屋
e0113246_23453123.jpg


コーヒーが160円。ホットケーキが80円。
この日、僕が「マル屋」で払ったのは合計240円だった。


西天下茶屋にある銀座商店街のコーヒーショップ”マル屋”は創業78年の老舗の喫茶店である。
老舗といっても、何も変えず、何も変わらずに78年間そのまま続いていると言う方が正しいのかもしれない。

少々耳の遠いオヤジさんに「古いお店ですね。」と言ったら「私は2代目です。」と微妙にずれた返事が返ってきた。



e0113246_23462855.jpg



長い間煙草の煙で燻され壁のクロスは見事にセピア色に染まり、“色めがね”をかけてコーヒーを飲んでいるような気分になる。


真っ黒なコーヒーは香りが無く、不思議な味がした。
ホットケーキには小さなクリームの渦が2つ。てっぺんに缶詰のみかんが添えられていた。フォークとナイフは丁寧に紙ナプキンで巻かれてでてきた。



e0113246_23473228.jpg



この店を見つけたのは2年前の夏の終わりだった思う。
南海汐見橋線から見た夕焼けがやたらキレイな一日だった。



e0113246_2348812.jpg

●コーヒーショップ マル屋
  大阪市西成区千本北2-1-33 TEL 06-6661-9166
  open:8:00—19:00
  close:年中無休




e0113246_23483692.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2010-01-23 23:50 | カフェ/喫茶店 | Comments(10)
日音色 -hineiro- 
カフェは多く巡っているが、そのカフェで思わぬ出会いに遭遇することがある。

一杯のコーヒーを求めて入ったカフェで、目にしたもの、耳にしたものが思いがけずそのカフェを印象づけることは多い。

カフェには、そんな思いがけない“出会いのどんぐり”がいっぱい詰まっている。

最近、谷町に引っ越したmさんの案内で出かけたカフェは、築60年を越える古い昭和の店舗を改装したカフェであった。



e0113246_10113113.jpg



店内はワンルームの土間にギャラリーとカフェを併設していて、壁際にはオーナー好みの小物が並べられていた。

テーブルにしろ、椅子にしろ、すべてが小振りで、子供の頃ひと夏を過ごしたおばあちゃんの家を思い出す。


e0113246_1012191.jpg



コーヒーを注文して一息ついていると、ギャラリーで作品を展示している女性から
唄をうたっていいですか・・?」と声をかけられた。

振り向くと、大きなバックの横にギタレレが立てかけてあった。


 ♪ ・・syukurihmu mitaina kumo ♪♪

古い家屋とギタレレのゆるい響きが何とも心地いい。
それにもまして女性のスローな歌声が、懐かしさを誘う。

とても素敵な時間だった。


彼女はいろんな場所でギタレレをつま弾きながら唄をうたっているのだという。
名刺に書いてあったサイトで、今も彼女の歌声を聞いている。



心にしみ入る歌声に「日音色」の印象がオーバーラップする。



e0113246_1013674.jpg


●日音色 -hineiro- 
  大阪市中央区谷町6-13-36 TEL06-6763-1114
  open:13:00~19:00
  close:水・木




e0113246_10151496.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2010-01-11 10:22 | カフェ/喫茶店 | Comments(6)
Mole hosoi coffee
昨年のラストカフェは福島の喫茶stoveだったと思う。
気がつけば、今年のラストカフェも喫茶stoveだった。

不思議なものである。
我ながら自身の思考と行動の範囲なんてたかがしれていると思った。

今年は忙しい一年だった。
ブログの更新に気持ちがいかない日々がつづく。

そんな中、今年一番通ったカフェといえば、“Mole hosoi coffee”だったと思う。


e0113246_10254797.jpg


so cool・・・

古いビルとコーヒーに対するストイックな姿勢がとにかくカッコいい。

ほのかな灯りに導かれて地下に降りていくと、バーのようなエントランスからオーナー細井さんの姿が見える。

元々金庫だった場所を改装したらしいが、想像するよりずっと入りやすい。
ゆるやかにカーブした壁面と長いカウンターが絶妙に調和している。

コーヒーを淹れるためのシンプルな器具。ジャズプレーヤーの写真と一輪のばら。
思考が一時停止し、少しすると想像力が高まってくる。

森彦」と「kajita」の豆を使った2種類のブレンドコーヒーうち、僕のお気に入りは、mole special ブレンド。

苦みの中にまろやかさがあって、深い思考に染み入るような味わいだと思う。


e0113246_10264059.jpg


静かな店内にnorah jonesの『feel like home』が流れる。

コーヒーをもう一杯・・




e0113246_10272196.jpg

Mole hosoi coffee
  大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビルB1F 
 TEL 06-6232-3616
  open:10:00-20:00
  close: 月曜日、祝日



e0113246_10274618.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2009-12-31 10:34 | カフェ/喫茶店 | Comments(16)
純喫茶ローレンス
金沢プチ“家出”の最後をしめるのは、純喫茶ローレンス。
五木寛之さんのファンならずとも、気になる喫茶店である。

片町界隈は古くからの繁華街で、真新しいビルの間に、古くすすけたような雑居ビルが点在する。
ローレンスは大通りから少し入った古いビルの3階にあった。

地図は用意していたが、あっけなく見つかったので何だか肩すかしにあったような気がした。近づくと、かの五木寛之さんが通っていたというオーラのようなものを感じた。



e0113246_201616.jpg


薄暗く、廃墟のような階段を上がると、中世ヨーロッパ風のデザインをあしらった看板が見えた。
決して華美なものではなく、オーナーの主張を感じる意匠である。

建付けのゆるいドアを開けると、もう何年も客が途絶えたアンティークショップのような、流れのない空気に包まれた。



e0113246_20165584.jpg


光が差し込む窓際に若いカップルの姿が見えた。“喫茶探偵”を自負する自分としても、この雰囲気を瞬時に理解するのは難しい。

しかたなく、一段高い薄暗い壁際の席についた。
店内を眺めながらおろおろしていると、髪の長い年齢不詳の女性がこちらに視線を送ってきた。

「あなたの座った席は、五木先生がずっと座っておられた席よ。そこはね、イマジネーションがどんどんわいてくるの。五木先生のようにね・・。あなたもどんどんイマジネーションがわいてくるわよ・・・」

僕があっけにとられていると、

「ご注文は・・?」「うちにはメニューはないのよ・・。あるけど、出来ない物は出来ないし・・・」
と、こちらを見透かしたようなはきはきした声が聞こえた。

少し考えて「あ・・あッ、コーヒーを下さい・・・」と答えた。
その間、5秒もなかったと思うが、ぼくには5分も考えたような気がした。

「コーヒーならあるわよ。じゃ、いれるわね。」

活性化した“ドーパミン”がシナプスを巡る。しかし、これが純喫茶ローレンスの“しきたり”なのだろう。



e0113246_20173630.jpg


少しすると、30代前半と思しき男性が入ってきた。
この店の“魔女”と親しいらしく、厨房越しに古い映画を話で盛り上がっていた。

ぼくはその話に耳を傾けた。
映画の描写と実体験による感想がまさに小説の世界なのだ。すばらしく文学的な会話に感心した。

確かに、イマジネーションがどんどん沸いてくる。



e0113246_20183857.jpg


自分が小説家になったような気がした。
ローレンスでの“ぼくの時間”が、大学時代、京都の古い喫茶店に通っていた頃にどんどんフェードしていくのがうれしかった。
中学生の頃につきあっていた女の子のことまで頭をよぎってびっくりした。

金沢に来て、いろいろな体験をした。
歩き疲れた体に、スピリチュアルな記憶が満ちてきた。



●純喫茶ローレンス
  石川県金沢市片町2-8-18  TEL 076-231-1007
  open:13:00~21:00
  close:不定休


e0113246_20192799.jpg



e0113246_2019070.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2009-09-26 20:26 | カフェ/喫茶店 | Comments(6)
金沢の”オススメ”cafe&shop情報
コラボンでコメントいただいたCuuさんが来週金沢に行かれるとのなので、金沢のおすすめカフェ情報をアップします。期間限定です!(笑)

まずは、前述のコラボン

建築に興味がおありなら、コラボンからすぐの商店街の外れにある「こすもす」さんまで足を伸ばしてみてください。古い薬局を改装した素敵な花屋さんです。

●花のアトリエ こすもす 金沢市安江町5-14
TEL 076-222-8720
http://ilya-slow.jugem.jp/?eid=290


●あうん堂 金沢市東山3-11-8 TEL076-251-7335 
http://www.aun-do.info/index.htm
金沢のカフェファンには有名な浅野川大橋近くの「あうん堂」。スタイリッシュな建物と古本が和みます。二三味珈琲さんのコーヒーがいただけます。


●よふ葉(ようよう) 金沢市本多町1-6-12 TEL076-263-3114
http://www.yo-yo2002.com/
住宅地にある隠れ家度★★★のバー。昭和の民家を改装したイチオシのお店です。



それと今回の金沢で一番ときめいたのが新竪町商店街。
かつて「骨董通り」と呼ばれていたレトロな商店街に、若いオーナーが発信する素敵なお店が散歩心をそそります。
古い魚屋さんやパーマ屋さん、お医者さんに混じって、おしゃれなアンティークショップや雑貨屋さんが点在していて絶対楽しめますよ!


e0113246_21524677.jpg




●ギャルリ・ノワイヨ  http://po4.nsk.ne.jp/~noyau/
e0113246_21533638.jpg

ガラス障子が昭和レトロな店内でコーヒーがいただけます。お店も、cool!・・絵になります。



●benlly's & job   http://www.benllys.com/index.html
e0113246_215499.jpg

以前からwebで利用させてもらっています。ここのオリジナル雑貨が素敵なのですよ・・



●パーラー KOFUKU
e0113246_21543528.jpg

4月に出来た新しいカフェですが、古い喫茶店を改装した外観が通りになじんでいます。




e0113246_2156102.jpg



≫Cuuさんへ

金沢はとっても素敵なところです。楽しんできてくださいね。
Cuuさんの金沢レポを楽しみにしています!(笑)
[PR]
by browns_cafe | 2009-09-17 22:15 | カフェ/喫茶店 | Comments(14)
茶房 卯さぎ
兼六園の近くに、茶房「卯さぎ」という古い旅館を改装した喫茶店がある。
金沢駅の観光案内所で見た「金沢のカフェ」という本に紹介されていた。

 “味噌蔵町の交差点近く・・・築100年の旅館を改装したカフェ・・・
  訪れるお客さんによってカップを選ぶ・・・”

この紹介文を見て“もてなし”という言葉が頭をよぎった。



ひがし茶屋街から尾張町界隈に残る洋風建築を写真に撮りながら歩いていると、兼六園下の交差点に着いた。

足の疲労もそろそろと、21世紀美術館の場所を確認するために地図を見ると、そこに“味噌蔵町”の文字を発見した。



e0113246_20748.jpg




茶房「卯さぎ」は看板こそあれ、通りからはほとんど目立たない。
昭和の佇まいの残る小さな和風建築が喫茶店に改装されていた。


e0113246_2075491.jpg

e0113246_208434.jpg

e0113246_2082327.jpg

e0113246_2083540.jpg


オーナーはとても良い人で、僕が大阪から来たことを告げると、とても暖かく迎えてくれた。
店名の「卯さぎ」のこと、旅館時代のことなどをいろいろ教えてもらって、話はコーヒーのことになった。
オーナーは金沢のカフェに詳しく、僕はわくわくしながら、金沢のカフェに思いを巡らした。


この“もてなし”はすばらしいと思った。

一人旅の金沢で“もてなし”こそ心に残る。



e0113246_2094172.jpg


●茶房 卯さぎ
   金沢市兼六元町11-37 TEL 076-261-3715
   open: 10:30~19:30
   close: 日曜



*あとがき*
この喫茶店を紹介するのは、僕の金沢の旅の“ひとこま”ということ。
場所や建物の雰囲気はいいのに、喫茶店となると“残念ながら”すべてが未完成で少々センスに欠けていた。
しかしながら、いま思うと“センスのよいおしゃれなカフェ”という勝手な“ものさし”でこの店を評価する方がおかしい。小さな旅館の“もてなし”でこの店を評価するのが正しいのだと思う。

つづく・・
[PR]
by browns_cafe | 2009-09-12 20:28 | カフェ/喫茶店 | Comments(11)
茶房 ゴーシュ
金沢は川が似合う街である。

その一つ、浅野川に架かる浅野川大橋のたもとには、江戸末期に開かれたお茶屋の街並みが残されている。
以前は、“ひがしの郭”と呼ばれていたが、いつの頃からか「ひがし茶屋街」と呼ばれるようになった。



茶屋街の裏通りに「ゴーシュ」と刻まれたステンドグラスを見つけたのは、もう10年も前の事である。


e0113246_22291796.jpg



天井の低い古いお茶屋で美味しいコーヒーを出す店という印象だったが、この日再訪した“ゴーシュ”は、酒の種類が増え、バーに様相を変えていた。



e0113246_22311446.jpg



e0113246_22312992.jpg



e0113246_22334791.jpg



e0113246_22302284.jpg




洋食屋の店主が、ゴーシュのオーナーが変わったことを教えてくれた。

喫茶店は喫茶店。バーはバーであって欲しいと思うのは僕だけだろうか・・・






e0113246_22315362.jpg


つづく・・
[PR]
by browns_cafe | 2009-09-05 22:41 | カフェ/喫茶店 | Comments(6)
collabon
8月も終わり・・
レポのアップもなし・・

ふといつもより早く目が覚め、ごそごそ本棚を探っていると、FIGARO japonの「金沢特集」が出てきた。

「金沢かぁ・・」
僕は朝食を摂りながら、この夏のことをいろいろと考えてみた。


一時間ばかりぼんやり思いをめぐらしたが、思い出したことと言えば、8月の初めに大量の粗大ゴミを処分したことだけ・・・

結局ぼくにとって都合の良いことは何一つ思いうかばなかった。



「金沢かぁ・・」
ぼくは同僚に「体調が悪い。」とだけ告げ、大阪駅から金沢行きのサンダーバードに飛び乗った。





e0113246_23104858.jpg


コラボンは、近江町市場に近い、古い商家を改装したカフェである。

奥ではメガネをかけた物静かな女性が書類を繰っていた。


「上がっていいですか?」

テーブルに着きアイスコーヒーを注文した。

丁寧にドリップされ氷の中に注がれたコーヒーは、苦みの中に甘さが潜むとても美味しいものだった。

気分がいい。


e0113246_2394484.jpg


試しに、クリームを入れてみた。
グラスが縞々になって、驚いた。


e0113246_23496.jpg


お金を払って、お店の女性と少し話をした。
金沢のコト、カフェのコト、建物のコト、わんこのコト・・・



彼女は、大阪中之島にあるダイビルが取り壊される事を知って、金沢から「大大阪」のカフェまで来たのだそうだ。

彼女はぼくが書いた「大大阪」のレポを読んだのだろうか。



金沢駅で、地元テレビ局の取材を受けた。

「あなたはM党に何を期待しますか??」



コラボンに来て、何だか心に残るいい夏の思い出ができたような気がした。



●collabon / コラボン
  金沢市安江町1-14 TEL076-265-6273
  open: 11:00~20:00
  close: 火曜日
  http://www.collabon.com/


e0113246_22405179.jpg


つづく・・
[PR]
by browns_cafe | 2009-09-01 23:37 | カフェ/喫茶店 | Comments(18)
words cafe.
e0113246_20551166.jpg


天満界隈というと、テレビ局やラジオ局、デザイン事務所が集まるところで、多くのクリエーターが通う街である。
そんな天満のシンボル“天満の天神さん”のすぐ横に上方落語の「繁昌亭」がオープンした。

クリエーターの街と落語の殿堂。この二つのイマジネーションがミックスされて、コアな天満の魅力がさらに増幅したように思う。


この天満界隈から中崎町へと足を伸ばすのが僕の定番の散歩コースなのだけれど、最近その散歩の途中にとってもヤバイカフェを見つけてしまった。


e0113246_20532967.jpg



カツサンドとコーヒー”と書かれた看板にウインドウから見える女性客の居心地の良さそうな姿。”words cafe.”のロゴのどことなくポップな感じがとても気になっていた。

何度か前を通ったがそのつど満席で、3回ほどのスルーの後、ようやく店内にたどり着くことができた。



e0113246_2056384.jpg


一見して、居心地の良さが漂う。
居心地といっても、町家の“まったり”とか、“まどろみ”とかではなく、町場の社交場としての情報に満ちた、あの居心地感なのである。


e0113246_2058123.jpg



気になっていた女性客のテーブルは、金属製の大きな衣装トランクの上にガラスを置いたもので、車座にお茶を楽しめるようになっていた。
仲間を集めてわいわい話し込むには絶好の空間だと思った。

早速、テーブルに着いてコーヒーとお目当てのカツサンドを注文した。



e0113246_2059084.jpg



コーヒーは、豆をひいてドリップするスタイル。さっぱりした中にコクがある喫茶店風の味わいが美味しかった。

カツサンドは3cmほどもある分厚いカツをソースに絡めて、トーストしたパンでサンドされて出てくる。肉は柔らかくてトーストとの相性もばっちり。

スパイシーな味わいはビールでぐぐっといくと絶対に美味い。量も丁度よくこれを目当てにやってくる常連客も多いと思う。


e0113246_2102062.jpg



コーヒーを飲みながら、周囲に目をやるといろんなシーンが見えてくる。

壁に書かれた噺家(はなしか)さんのサイン。千社札もいくつか見えるが、ここでは粋なサインがふさわしい。イラストを添えたサインもあって、このあたりの勝負の為所は人気商売の噺家さんにとっても重要なのだろう。

その他にも落語の単行本や写真集、演劇関係のマニアックな書籍がいくつも並んでいて、ちょっとした「通」な気分に浸ることができる。


書棚からこの店が掲載された雑誌を取ってみた。
噺家さんが打ち合わせに使っている事などが書かれてあった。場所柄、噺家さんの姿を目にすることも少なくないのだそうだ。


e0113246_2105550.jpg



それにしてもアートと落語が融合したカフェがこんなに居心地いいとは、またカフェの新しい楽しみを発見した気分である。

天満にこんなステキなカフェがあるなんて、大阪カフェも捨てたものじゃない。




● words cafe./ ワーズカフェ
  大阪市北区天神橋2-5-18 TEL 06-6353-1980
  open:11:30〜22:30
  close:日曜日


e0113246_21131458.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2009-07-18 21:29 | カフェ/喫茶店 | Comments(8)
喫茶 杢キリン
杢キリンというカフェが守口市大日にある。

もうずいぶん前にsweets dailyというブログを運営するmさんから教えてもらったものだ。大日と言えば地下鉄谷町線の終点駅。パナソニックや三洋の工場があるイメージの街である。

大日駅から歩いて、5分ほどで杢キリンに着いた。再開発された駅前のぴかぴかした雰囲気とは全く異なる、狭い道路沿いビルの一階が店舗になっていた。

扉に”粗挽き珈琲”の文字が見えた。


e0113246_114218.jpg


店内は茶色を基調とした落ちついた感じで、とても居心地がいい。
中央に書棚があり、その両側で趣を変えているところが面白いと思った。一方はスクエアなテーブル席、もう一方はソファーとカウンターという具合である。

メニューは充実している。
オススメの中から天然酵母のスコーンセットを注文した。飲み物は粗挽きコーヒー。

「スコーンにはどのハチミツをおつけしましょう・・」
テーブルのプレートを見ると、クローバー、ローズヒップなど5種類のハチミツの名前が記されていた。


e0113246_1134279.jpg


コーヒーは香りがよくマイルドな味わいで、スコーンもさっくりとして口当たりがいい。これ以外にも興味をそそるメニューがいくつも用意されている。

BGMのジャズもゆるやかな耳障りで、書棚の本でも読んで時間を過ごすには最適なカフェだと思った。


ぼくはすっかりこの店が気に入ってしまった。

どうしてもオーナーに話がしたくて、厨房の女性に声をかけてみた。

オーナーは優しげでナチュラルな感じの女性で、日替わりケーキ、天然酵母のスコーンやベーグルなどをすべて手作りしていることを教えてもらった。


e0113246_1134433.jpg


それにしてもこの店は気が利いている。

日替わりケーキにしても、天然酵母のベーグルにしても、日々いろんな食材で手作りされているに違いない。

ちまたで天然酵母のパンがブームになっているが、僕はこの店のベーグルが一番美味しいと思う。おやつに付いてくる小さなラスクまでも深い味わいなのである。

最近、少々心が渇いているのが影響しているのかもしれないが、杢キリンのホームメイドが今一番心地よく感じる。



e0113246_11365678.jpg



杢キリンのHPには、“日々のメモ”が記録されている。

子供が生まれたこと。本のこと。雑貨こと。日々のこと・・・


このメモをぼんやり読んでいると気分がいい。
杢キリンは、僕の日常に、そして僕のごく近未来に一番近いカフェなのかもしれない。




●喫茶 杢キリン
  守口市大日東町12-8 TEL06-6904-8098
  open:10:00~19:30 ( L.O.19:00 )
  close:日・木曜日  
  http://www.h7.dion.ne.jp/~m-kirin/index.html




e0113246_1144136.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2009-06-21 11:58 | カフェ/喫茶店 | Comments(8)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30