ブログトップ
カテゴリ:街歩き/京都方面( 4 )
新しい京都へ
e0113246_11405411.jpg



美味しいコーヒー、飲んでますか?

僕のことをよく知る人からの年賀状にはほぼこの言葉が書かれている。

正直、最近のカフェのコーヒーはどこでもそこそこ美味しいと思う。
先日、西天満のコーヒー専門店のマスターと「セブンイレブンのコーヒーは美味しい・・」という話で盛り上がった。

コーヒーは嗜好品なので飲みたいシチュエーションで飲めば、たぶん美味しいに違いない。

その点、セブンイレブンはかなりいい線をいっていると思う。


ところで年明けの3連休に相方と京都へ出かけた。

目的は初詣と路地裏にあるなじみの居酒屋さんに顔を出すこと。
年末からずっと楽しみにしていた。


祇園四条駅を降りると十日戎の人出で賑わっていた。
バックを斜め掛けにし相方とはぐれないように四条通りの人の波に埋もれていく。


八坂神社で参拝を済ませた後、五条まで歩くことにした。

五条通りを渡って半兵衛麩本店の「お辧當箱博物館」を覗いてから、銭湯の高い煙突を目印にあじき路地に向かった。


時間も午後3時を回っていた。

さすがに冬の京都は寒い。

結構歩いて足の方も疲れてきたので、どこか暖かいカフェでもという話になり、入ったのが京都国立博物館の併設カフェ。

特に気にもせず暖を取るために入ったが、ここがすごかった。



e0113246_11390146.jpg


ガラス張りの店内からは谷口吉生氏設計の展示館が見える。

「なんてきれいなんだろ・・」

あまりの美しさと静謐な佇まいに背筋が伸びた。



右手には明治28年築造の旧帝国京都博物館の威風堂々とした姿が夕日に光っていた。


e0113246_11392790.jpg

e0113246_11394574.jpg



新年の京都に来て思った。

もう一度、「日本の京都」を丁寧に探検してみよう。



e0113246_11395832.jpg








[PR]
by browns_cafe | 2015-01-12 11:49 | 街歩き/京都方面 | Comments(3)
新年明けました。
2015年の初京都は雪・・・

三条通りで新年のパチリ☆


e0113246_08500403.jpg


今年は良いことがいっぱいありますように。



e0113246_09015765.jpg








[PR]
by browns_cafe | 2015-01-03 09:06 | 街歩き/京都方面 | Comments(4)
cafe de 高洞院
まさか、高洞院がカフェってことはないのですが、午後のティータイム気分でいただくお抹茶もいいものです。

大徳寺の塔頭の一つ、高洞院といえば、京都の秋を彩る観光ポスターで有名ですよね。その楓の名木がそびえ立つ庭を愛でながら、お抹茶がいただけます。


e0113246_9214219.jpg


点て出しの薄茶は、ほろ苦さにきめの細かい泡がすっごく爽やか。作法なんて気にせず、毛氈に足を伸ばしていただきましょう。
抹茶は都路里の『庵の友』を使っていて、お茶請けの「あやごろも」との相性もばっちりです。

e0113246_9283046.jpg


友達を誘って、さりげに「これは“都路里”。これは末廣菓舗の“あやごろも”・・」なんて教えてあげると、盛り上がること請け合いです。

秋ですね。たまにはこんな“名刹カフェ”でいっぷくなんていうのはいかがですか? なかなか乙なものですよ。


e0113246_9245233.jpg


●高洞院 こうとういん
高桐院は江戸初期の武将で利休七哲の一人、細川三斎が建立した大徳寺の塔頭で、細川氏の菩提所となっています。書院は利休の邸宅を移築したものと言われ、寛永5年(1628)に三斎が造営した「松向軒」は黒壁の瞑想的な雰囲気の名茶室です。

  京都市北区紫野大徳寺町73-1 TEL075-492-0068
  open: 9:00-16:00 不定休
  *拝観料400円(抹茶付800円)




e0113246_9304098.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2008-10-13 09:33 | 街歩き/京都方面 | Comments(7)
春の近江八幡
先日、知り合いに会うために滋賀県の近江八幡市へ行ってきました。10年以上何の連絡もしなかったものの、お互い電話の声が弾んでいたのはうれしかったです。
友人に会う目的は別にあったのですが、春の近江路ゆえ、美しい水郷と伝統的な町並みにすっかり心がときめき、にわか観光気分で楽しめた一日でした。
あちこち見て歩いて、これは!と思ったところがいくつかありましたので、「街歩き」でレポさせていただきます。

e0113246_20583195.jpg


今回、初めて体験したボーダレス・アートギャラリー「NO‐MA」は大変素晴らしいものでした。“ボーダレス”という言葉のとおり、観る人の気持ちをさえぎらない、穏やかでやさしい空間で、障害者の方々が創られた作品を鑑賞することができます。

昭和の町家のたたずまいを上手く残しながら、観る人にやさしいバリアフリーの展示スタイルも見所です。町家カフェが好きな人なら、たまらないですね。
近江八幡へいかれたら是非足を運ばれることをオススメします。

e0113246_20592351.jpg




近江八幡と言えば、近江商人発祥の地として有名ですが、新町通には近江商人ゆかりの家並みが美しく保存されており、見ごたえ十分です。
西川布団店の創業、旧西川家は現在市の所有となり、一般公開されています。京都の影響を受けた近江八幡の町家は大規模ながら繊細さも感じられるなかなか趣のある建物です。

e0113246_2059426.jpg

e0113246_20595539.jpg




今回、もしかして・・・と期待していた、ヴォーリズ記念病院の、「希望館」はすでに解体された後で、跡地にはりっぱな老人保健施設が建築されていました。
保存?か解体か?と随分議論されたらしいですが、壊されてしまえば、いつかは忘れされるものなのでしょうね。

e0113246_2104169.jpg


唯一、保存されていた礼拝堂は見学することができました。小ぶりながら神聖な雰囲気のある建物です。ヴォーリズが設計した学校や教会などの大規模な建築物は、もちろんすばらしいですが、民家やこういう小さな建築物に、また違ったヴォーリズの一面を見た気がします。
e0113246_211624.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2007-04-04 21:06 | 街歩き/京都方面 | Comments(9)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング