ブログトップ
<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
GREENS Coffee Roaster
いま巷で噂のコーヒーショップへ行ってきました。
場所は、JR元町駅西側の高架下に連なるモトコー2番街。超ジャンクな店が狭い通りにうねうねしていて、暗めの照明と相まって、闇市のような雰囲気が漂っています。最近は制服姿の女子高生も目にするようになりましたが、以前は視線が固まるほどの怪しい雰囲気がありました。奥まったところに見える飲み屋の提灯や看板、旧い木箱の山はどれもフォトジェニックで、時間が静止したような、とっても素適な“場所(くうかん)”です。

e0113246_19521638.jpg

「豆」と書いた看板を目印にいくと、GREENS Coffee Roasterはすぐに見つかりました。
外からはカフェという感じは無く、少々入りにくい雰囲気ですが、ドアを開けるとハロゲンライトがまばゆいラボのようなカッコいい焙煎室が目に入ります。カウンター厨房に並べられたぴかぴかのサイフォンやコーヒー豆のサンプルが“噂の店”の気分を高めてくれます。

この店のオーナー巌さんはバリスタ・コンテストのサイフォン部門で2度チャンプになった実力派のバリスタで、実家の喫茶店を閉め、一念発起でこの元町の高架下にコーヒーショップを開店したそうです。
「まるでラボのような・・・」と書きましたが、慎重にハンドピッキングされるコーヒーの豆は、まさに実験室の作業さながらです。

一人できたことを告げると、親切なスタッフに「どうぞ...」と2階へ案内されました。
2階のカフェスペースは、白い壁に屋根裏っぽいアールのついた窓際のデザインが、ちょっと異国な雰囲気を醸し出しています。狭い店内ですが、テーブルはしっかりした木製の大型のものが使われていて、椅子も大変すわり心地のよいものでした。

e0113246_19524210.jpg

肝心のコーヒーですが、注文した『グリーンズブレンド』は苦味が強く、ぼくには少々後味がキツかったです。コーヒーミルクを入れると、まったりとコクがでて飲みやすくなったので、かなり深いローストの豆が使われているような気がしました。

この日は数時間前ににしむら珈琲でゼセッションのケーキセットを食べたばかりで少々喉が緩んでいて、こんな風に感じたのかもしれません。次回は体調を整えて、エスプレッソのダブルで再挑戦してみます。
とにもかくにも、神戸は老舗のコーヒー専門店が多いので、このくらいガツンとしたコーヒーの方がいいのかもしれませんね。

土曜日の夕方ということで、店内は満員。カップルから乙女の一人客まで客層はばらばらでしたが、ただのカフェ使いというよりは、コーヒー目当てのこだわりのある方ばかりのような気がしました。
カフェの不満は美味しいコーヒーが飲めないことでしたが、GREENS Coffee Roasterのようなコーヒーの専門店が、こんなにいい雰囲気で居心地がいいと、今までのカフェは何だったんだろうと思ってしまいます。
コーヒーの種類はもちろんのこと、ティラミスやホットサンドなど、サイドメニューも豊富なので、コーヒー初心者の方にも安心してオススメできるよい店だと思います。

お金を払って厨房におられた巌さんに声をかけると「コーヒーといえばドリップとおっしゃる方が多いですが、ぼくはサイフォンで育ったので、これしかわからないですね。(笑)」と謙虚な答えが返ってきました。あれこれ薀蓄を聞くより、ずっと信頼できますよね。

帰り際、オーナーから「いかがでした??」と聞かれて生返事しかできなかったのが残念ですが、次回はぜひ僕好みの一杯を見つけてみたいと思っています。

何事にも一途な店はよいものです。いろいろ試してみたいコーヒーがあるので、神戸にきたら当分はこの店にハマることにします。久しぶりに通える店を見つけた気分です。ウレシ~!

e0113246_19525564.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2007-05-27 19:58 | カフェ/喫茶店 | Comments(24)
福島の"せろり”
ブログの記事がきっかけで、商品やお店の風評が作られることがあります。
タウン情報誌にはない、穴場的なお店の情報を知りたいとき、ネットのブログを検索する方も多いと思います。
同じような年齢層、趣味、価値観を持っているauthor(著作者・管理人)に出会うと「あッ!そうそう..」みたいなノリで自分が体験したかのような気分になることがあります。
ブログというのは、不思議なコミュニケーション・ツールです。

5月7日付けの記事「コメントのコメント」に書いた「チャイニーズ芹菜」の件で、オーナーの石川さんから、コメントをいただきました。ブログを運営する側からいうと、記事に書いたお店の方からの書き込みはとても緊張します。たかが一個人の評価とはいえ、お店からすると生意気に映る場合もあるからです。でも、そんな心配も何のその、オーナーから「色々な方に評価され、より素晴らしい料理が作れるように頑張ります。」とコメントをいただいて、びっくり&恐縮!ますますチャイニース芹菜が好きになってしまったことは言うまでもありません。

以前、料理研究家のケンタロウさんがテレビの対談で「自分が尊敬するシェフの料理を食べるときは、いつも“心の中”で拍手をしています。」と話されていたのを思い出します。
「チャイニーズ芹菜」の料理は、まさに“心の中で拍手”な料理なのですよ。

このブログに波長が合いそうなカフェ好き、美味しいもの好きの方はぜひ「チャイニーズ芹菜」の料理を体験してみてください。
月替わりのコースが3000円、オススメ2品+シェフのお任せが3500円と信じられない値段です。それに税込み・サービス料込みなので、支払のときのお財布がやさしいですよ(笑)。

福島という場所とすっきりした店内もいい感じです。
お店のスタッフの方もやさしげで、ぼくの“オススメはなんですか?”の質問に、「シェフの得意料理は“麻婆豆腐”です。」と笑顔で答えていただいたのが印象的でした。
スタッフの方もシェフの料理には自信があるのでしょうね。いい店の証しです。

ぼくの感じたことが何となく伝わればうれしいです。いつも心の中で拍手・・です。


チャイニーズ芹菜(せろり)
大阪市福島区福島6-11-13 シャトー西梅田1F
TEL 06-6341-8772
11:30~15:00 (LO14:30)  17:00~23:00 (LO22:00)

ps.“心の中で拍手”は、平井堅さんの「瞳をとじて」と同じく間違った表現ですので、あしからず...(笑)
[PR]
by browns_cafe | 2007-05-18 21:27 | 美味しいもの/店 | Comments(2)
浪速の看板コーヒー 「ゼー六」
『へぇ~い、いらっしゃぁーい!奥へどうぞ~』
「...こんにちわぁ。いいお店ですね~。」
『あはは・・・おおきに~いつまでもこんなんでやってま~!』

こんな会話が途切れることのない“浪花”の「ぜー六」さんは、ビジネス街のオアシス的喫茶処です。ぜー六といえば、何と言っても“アイスもなか”が有名ですが、自家焙煎のコーヒーにも長年のファンが多く、この街をリタイヤしたサラリーマンも、当時の味を懐かしんで、今でも足を運んでこられるそうです。

e0113246_21145465.jpg

観音開きのガラスドアに垂らされた短冊形の暖簾にも、ひとつ一つ「coffee ぜー六」という文字が染め抜かれていて、この店の自信のほどが伺えます。
大きめのカップで出てくるコーヒーは、色が真っ黒の少々苦味のある、とろっとした感じのコーヒーで、香りはないものの、何か懐かしい味わいがあります。最近、街で見つける昭和喫茶のコーヒーは大体こんな感じなので、これが“昭和の味”なのかもしれません。

値段も一杯180円ですし、ドトールやタリーズに行くなら絶対こちらがオススメですね。昭和喫茶初心者の方は是非この店を体験してみてください。
アイスもなかとのセットが280円ですし、初めての方はこちらをオススメします。コロンとしたアイスもなかがほろ苦いコーヒーと良く合いますよ。

e0113246_21153948.jpg

小さな店なのに緊張感なく和めるのは、調度品やアンティーク化した装飾にあるのだと思います。昭和喫茶ならではの“足の短い椅子”はいつ見てもいいですね。お持ち帰りたい度が高まります。

それにも増して、親爺さんがサイコーに素適です。店頭でアイスもなかを買うサラリーマンも、親爺さんのラブリーな受け応えにみんな顔がほころんでいるように見えます。

e0113246_21315863.jpg
   「はいお待ち!一個100万えーん!5個で5千まーん」
   さすがは大阪です。
   いいですね。こんな店。

   「おおきに~。いつまでもこんなんでやってま~!」
[PR]
by browns_cafe | 2007-05-08 23:11 | カフェ/喫茶店 | Comments(20)
コメントのコメントです。
GWもおわっちゃいましたね。
コメントをお寄せいただいたみなさん、レスが遅くなって申し訳ありませんでした。
少々体調を崩しまして、ようやく復帰の管理人です。

お陰で散財することもなく、体温計とポカリスエットがお供の何とも静かなGWでした。
唯一熱をおして出かけた福島のチャイニーズレストラン「芹菜(せろり)」のディナーは相変わらず最高でした。
savvyに紹介されてからは満席状態が続いていますが、シェフが創作される料理はどれもすばらしく、僕の中ではこれからも通いたい店ナンバーワンのチャイニーズです。

≫モモハッピーさん
コマカフェ、実は、滞在時間8分!?というスピード感?満点の訪問でした。(笑)
お店の方も「まあまあ、せっかくなのに...」と恐縮されていました。
メニューをちらっと見ましたが、ランチやフードはどれも凝った内容ですよね。写真にアップしたドーナツは豆乳入りだったんですね。布施のお店から仕入れているとおっしゃってました。ざっくりした歯ざわりが美味しかったです。
それと後で気が付いたのですが、食材には無農薬・減農薬栽培の野菜や自然素材をできるかぎり使用されているのだとか...。でも、店の雰囲気は自然食してます~って感じがなく、さりげなくされているのがポイント高いですね。次回はゆっくりランチをいただくことにします。

≫rabbieさん
記事には書きませんでしたが、コマカフェのある石切神社の参道は街歩き好きの方には特にオススメの散策スポットです。占い屋さんが軒を連ねていて、ちょっとした異文化空間ですね。土産物も昭和チックで楽しめます。コマカフェだけならわざわざ行くのもどうかと思いますが、モモハッピーさんのブログにもあるスイーツの「シェ・アオタニ」もよさそうですし、石切詣出もいいかもしれませんね。

**私は今、京都在住じゃないので・・・
そうだったんですね。Angerもrabbieさんの定番とは....(驚)。ぼくも大好きな店です。友達のプレゼントはココで決まりですね(笑)。そうそう三条通りの「文椿ビル」はご存知ですか??neutronの入っているレトロビルです。旧いビルのリニュがブームになりつつありますが、とてもよい活用事例だと思います。

**京都の再発見したいものです。目下の願望。
ぜひぜひ、京都ネタで盛り上がりましょう!!

≫くにちゃん
カミン」は入ったことないですね。確か隣(近く??)の骨董店はぼくの高校の同級生だったように思います。くにちゃんのオススメなら絶対に行かなくてはなりませんね。
チケ以来、くにちゃんはぼくのシショーなのですよ!!!(マジ!!)
また、いろいろご指南?のほどよろしくお願いします。(笑)


≫あき。さん
あき。さんのブログもよく拝見しますが、ロカさんの記事をたくさんアップされてますよね。場所は、新町ですか??
あき。さんには、以前西区のマーサを教えていただきましたし、お好きな感じは何となく想像できるので、ロカさんはどんな感じなのかすごく興味があります。内装は昭和な感じですか???よければ、お店の情報を教えてくださいね。では~
[PR]
by browns_cafe | 2007-05-07 22:18 | 雑記/misc. | Comments(8)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31