ブログトップ
<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
東京旅レポ *第2話*  by 沙月さん
二日目
朝食はバイキングと思い込んでいたら、一人ずつご丁寧に給仕して頂くスタイルだったのでちょっと驚き。今までの東京旅行では、無条件に朝食は珈琲で憂鬱でしたが、ちゃんと美味しい紅茶が頂けたので感激でした。クロワッサンは焼き立てだし、ジャムも五種類ぐらいあって、正に至れり尽くせりです♪
しかしスクランブルエッグをナイフとフォークで上品に食すというのは意外に難しく、オムレツを選べば良かったと『石狩少女』の悠紀子のように後悔してみたり。

二日目は、回るところが多く実にハードなスケジュール。まずは雑貨カタログで杉浦さやかさんが紹介されていた四ツ谷の教会グッズのお店、ドン・ボスコ社へ。
杉浦さんの仰る通り、ノスタルジックで乙女度の高い教会グッズは私も大好き。鼻歌でハレルヤコーラスなど歌いつつ、勇んで訪れてみると決して広くない店内にひしめくように並べられたロザリオや宗教画の絵葉書やメダイの数々!御絵カードなんて百種はあったでしょうか。
余りに真剣に選びすぎ、遂には冷や汗が出て目眩がしてきたので、ある程度のところでお買い物を切り上げました。外に出ると丁度、正午だったので教会の鐘が鳴り響いていて、何だか異国の地に居るような気分に。


次の目的地は、言わずと知れた高円寺の名曲喫茶ネルケン。
ヌマ伯父さんの本で存在を知って以来、何年も憧れつづけたお店です。
しかし、これがまた見つからず閑静な住宅地や商店街、怪しげな裏通りを一時間近くも徘徊する羽目に(泣)余りに見つからないので半分、諦めかけていると、まるで発見されるのを厭うかのように、慎ましやかな看板と重厚そうな木の扉がひっそりと佇んでいるのが視界の隅に入りました。

敬意を抱いている人に初めてお目にかかるときのような、一抹の緊張感をともに扉を押して中に入ると、まずその仄暗さに驚かされました。その日は曇りで、決して明るくはなかったのですが、それでも目が慣れるのに少し時間がかかるほどです。

しかし、次第に店内の様子が見えてくると、そこが私の期待を遥かに上回る、素晴らしく素敵なお店であることは明白でした。
琥珀色の洋燈に静かに照らし出された壁の油絵も、エデンで使われているものに何処か似ている古い木の卓も、少し色褪せた紅の天鷺絨張りの椅子も、鼻孔を満たす古い建物独特の香りも、私にはたまらなく愛しく思われるものばかり。
何より、聖堂風の高い天井から洪水のように降り注いでくるクラシック音楽の洪水には圧倒され、神聖ささえ感じさせられます。まるで音の一つ一つが確かな重さを持って、心臓に直接響いてくるような感覚。ああ、これが本来の名曲喫茶というものなのかと深く感じ入りました。

それにしても猥雑な大都会の片隅に、中世の古城の如き古雅な趣を湛えた、こんな静謐な空間が残されているなんて奇蹟的ではないでしょうか。
紅茶とクッキーを頂き、美しい洋燈の灯を惚けたように眺めて過ごす、正に至福のひととき。余りに居心地が良すぎ、一日中でも座っていたいくらいでしたが、後の行程に差し支えるので小一時間ほどで重い腰を上げる。帰り際、感極まって店主である上品な老婦人に、いかにこの店を気に入ったかを告げ、次の東京訪問の際にも必ずここに立ち寄りますとお約束すると大変喜ばれ、暖かな笑顔で送り出してくださったことは今でも忘れられない大切な思い出です。


まだ半分、夢の中に居るような心地のまま吉祥寺へ移動。
お目当ては、輸入文具専門店ジョヴァンニ。イタリアの職人たちが中世から変らぬ製法で作るインクや羽ペン、羊皮紙などが整然と並ぶ店内は正に、ヨーロッパ貴族の書斎といった趣。お手紙に封するための蝋と印象の品揃えも充実しており、ちょっと欲しくなってしまいましたが不器用な私では絶対、上手く使いこなせそうにないので諦め、代わりに銅版画風の精緻な絵柄のスタンプを山ほど買い込む。王冠柄に少女柄、ヴィクトリア朝の貴婦人柄など、乙女心鷲掴みの品揃えに見事ノックアウトされました(苦笑)

吉祥寺は若者向けの店がひしめく街かと思っていましたが、意外に良い感じの喫茶店や古そうなお店も、お洒落な雑貨屋さんと共に混在していてなかなか楽しかったのでいつか、もっとゆっくりお散歩してみたいです。喫茶ボアも東郷青児の包装紙を販売していたのを購入しただけで、お茶を飲んでいる時間は無かったのが心残りでした。


その後は慌ただしく京王井の頭線に乗り換え喫茶店(正しくはミルクホールなのだそうですが)宵待草へ。井の頭公園の目の前なので、流石の私も迷わず到着。
しかし八月閉店が決定しているためか、決して広くない店内は完全に満席状態。少し待っているとやっと空席ができましたが、常連らしきお客さんが引きも切らず訪れ、とても長いできそうになかったので、焼き立てに生クリームが添えられた、美味しいバナナケーキを平らげるとすぐさま退却。童話に出てくる少女の夢のようなお家のような、ひたすら可愛いお店、もっと早く訪れておけばゆっくり過ごせたのにと残念に思いました。


夕食は松栄亭の洋風かきあげと南瓜の冷製スープ。二年前と同じ席に座って、しみじみと頂きましたが、やはり洋風かきあげを言葉で形容するのは不可能。とにかく一度食べてみてくださいとしか言いようがありませんでした(笑)




ps.
次はいよいよ感動の最終章!
臨場感溢れる場面展開に思わず手に汗にぎります。
読み終えた後の、心地よい体の火照りと腕の痛みはいったい何なんでしょう・・・?!

沙月さんのように東京中のお店を回ってみたい。
そんな欲求にかられる素晴らしい最終章です。
アップは今週末。乞うご期待!!
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-31 21:00 | カフェ/喫茶店 | Comments(1)
東京旅レポ *第1話*  by 沙月さん
正午過ぎに東京駅に無事、到着。
チェックインは一時の予約になっていたので、余裕で間に合う・・・はずが、広大な東京駅で迷子になったのと、御茶ノ水駅を出てから道を間違えたのとで相当の時間をロスし、結局ぎりぎりに。
格調高き憧れの山の上ホテルに宿泊するからには、やはり悠々と到着し「二日間、お世話になります、ほほほ」と優雅に微笑むぐらいの洗練された振舞いをしたいと密かに夢見ていたのに、実際は「時間に遅れてチェックインするなんて不届きな真似はできない!」と顔面蒼白でどたどた駆け込む羽目になり、優雅さなど欠片も無し。
ま、現実なんて所詮はこんなものよと少しばかり凹んでいる私を山の上ホテルの従業員の皆さまはうやうやしく迎え、鞄をお部屋まで運んで下さる。
しかも冷たい麦茶と程よい上品な甘さがたまらなく美味しい和菓子のサービス付き!(私は和菓子をものすごく美味しいと感じることはあまり無いのですが、これは本当に美味しかった)つい先刻まで凹んでいたことなど忘却の彼方に追いやり、部屋に飾られた一輪の薔薇を眺めつつ有り難くいただきました。


一日目は弥生美術館と、上野の西洋美術館をはしごする予定でしたが、とにかく弥生美術館へたどり着くのに、予想の倍以上の時間がかかりました・・・。
根津駅の1番出口を出て右に曲がるのだと何度も自分に言い聞かせていたのに、ひたすら右に直進した挙げ句に上野動物園近くまで行ってしまったり、駅まで引き返しておきながら全く逆方向にばく進してカヤバ珈琲前まで行ってしまう私に果たして、方向感覚というものは備わっているのでせうか(泣)
時間ばかりがどんどん無駄に経過し、もう上野へ移動すべきかと思いつつ、乙女の聖地を目前にして諦めるのは忍びなく、半泣きで彷徨い続けた末、駅の出口の脇の坂を上がれば良いだけのことだったという事実が判明。今度は自分の間抜けさ加減に涙を浮かべつつ、汗だくになってようやく到着。

しかし、それだけ苦労した甲斐はありました。
開催中だった蕗谷虹児展の何と素晴らしかったことでしょう。
硝子ケースの中に所狭しと並べられているのは『少女の友』や『令女界』といった戦前の少女誌、そして大正時代に出版された詩画集の初版!虹児は抒情画家であり詩人でもあったのですね。
睡蓮の夢、銀砂の汀、雫の真珠といった今日、滅多にお目にかかれぬ美の結晶のような言葉たちで織りなされためくるめく世界にはただただ陶酔させられるばかり。

ミュージアムグッズコーナーで詩画集『花嫁人形』の復刻版を販売しているのを発見したので購入を検討しましたが、無粋にも現代仮名遣いに改められていたのにかなり興醒めして、結局は断念。
入り口に寝そべっている店番の白黒斑の猫を踏みつけないように気をつけて(笑)美術館併設の閑雅なカフェー巷やで一休み。まろやかな味わいの珈琲と甘さ控えめのクラシックショコラで疲労困憊した身体を癒しつつ、購入したばかりの抒情画の絵葉書を眺めて古き良き時代の浪漫の余韻にどっぷり浸り、夢心地で外へ出てみれば雨。そのとき初めて傘をホテルのお部屋に置き忘れてきたことに気づき、私はまたも自分の間抜けさ加減に涙しつつ、濡れ鼠で上野へ移動したのでした(泣)


国立西洋美術館では、開催中のパルマ展と常設展を鑑賞。イタリア北中部の都市パルマのルネサンス、バロック期の宗教画を中心にしたパルマ展には悪天候のせいもあってか人影は少なく、実にゆっくりと鑑賞できました。
中世の絢爛豪華な彩飾写本に巨匠コレッジョやパルミジャニーノの描く聖母の、薔薇のように優婉な微笑、感激の余り、すっかり恍惚境に入って会場内をぞろぞろ歩く。運良く、フランスのロマネスク様式の聖堂建築の写真展なども開催されていたので、そちらも堪能。

それにしても館内の広大さは桁外れで、まるで迷宮です。常設展を回る頃には、もう足が棒のようで芸術鑑賞も半ば苦痛と化して参りました(泣)
東京でこれなら、ルーヴルなんて一体どれほど広大なのでしょうか?(汗)


夕食は、薔薇の蕾のシャンデリアが素適な山の上ホテルのレストランでシェフおすすめの「懐かしの洋食ディナー」を注文してみる。
メインディッシュにハンバーグを選ぶと、何と目玉焼き付きのものが出てきて思わず狂喜!やっぱり熱々のハンバーグには半熟の目玉焼きが不可欠と深~く実感しつつ、平らげた次第です(笑)



ps.
沙月さんの旅レポ"第1話”はいかがでしたか?
第2話は、いよいよ沙月さんが長い間憧れ続けた"奇跡の喫茶店”との出会いです。乙女心鷲づかみのノスタルジックで格調高いグッズの数々も登場します。ご期待ください!
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-28 20:18 | 雑記/misc. | Comments(16)
*東京旅レポ*予告

少し前にこのブログで話題になりました、沙月さんの「東京旅レポ」の原稿が届きました。
沙月さんは今年デビューが決まっているプロの作家さんで、東京ネタで盛り上がっていたこともあり、レポの提供をお願いし実現したものです。東京の乙女スポット、東京スウベニイル、昭和喫茶などが、沙月さんの一人旅の表情とともに描写されています。
3日間の東京ステイが日記のように綴られていますので、記事の方も3回に分けて紹介したいと思います。

第1話は、「上野逍遥と憧れの山の上ホテル」です。
今週中にはアップしますので、ご期待ください!!
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-26 12:07 | 雑記/misc. | Comments(5)
手紙を読むための喫茶店
e0113246_2128231.jpg

河原町通りから路地を少し入ったところに、ヨーロッパ調の外観が美しい、古い喫茶店があります。この界わいは、夜ともなると派手なネオンが灯る京都でも一番の歓楽街で、そこにある喫茶店もまた、大人の社交場としての迎賓館のような雰囲気が漂っています。

入口の周りには、色とりどりのクラシカルなタイルが貼られてあり、レトロ喫茶好きならずとも気になる意匠です。洒落た木製の扉を開けると、その奥にもうひとつスウィング式の仕切り扉があります。狭い空間に身をかがめるようして店内に入ると、異次元に潜入したような不思議な緊張感に包まれます。


平日の午後2時。一階に客はいませんでしたが、マスタアらしき男性に案内され、2階のテーブルにつきました。クラシックの調べと洋燈の艶かしい光が照らし出す店内は、河原町の喧騒を拒絶するかのような時間の止まった世界です。

e0113246_21302146.jpg

ぼくが、この喫茶店に一年ぶりに訪れたのは、“手紙を読む”という理由からでした。

コーヒーを注文し、封筒から手紙を取り出すと、そこには丁寧で親しみのある文字がしたためられてありました。何度も何度も読み直し、手紙に込められた、ある種小説のような情景に想いを寄せるには、この喫茶店以外にはないという気持ちがこみ上げてきます。

手紙を読むための喫茶店。その選択肢が正しかったことを、ここに来て確信することができました。アンティークに囲まれ、バッハが流れる琥珀色の迎賓館は、今も孤高の喫茶店として京都の路地に息づいています。



e0113246_2129639.jpg



ps.
 日本を代表する昭和喫茶です。あまりに有名ですので、名前は記しません。
どうしても気になる方は、『京都 ウインナーコーヒー』で検索してみてください。京都で初めてウインナーコーヒーを出したお店です。
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-23 21:37 | カフェ/喫茶店 | Comments(19)
papa jon's cafe
ずいぶん前に流行った「マーフィーの法則」の中に「誰もが知っている。それが秘密だ。」というのがありました。詳しく読んだことがないので、他の法則が思い浮かばないのですが、この法則は自分の経験ともあわせ、すごく印象に残っています。

「誰もが知っている。それがぼくの秘密の喫茶店。」
こんな気分で、ぼくのお気に入りの一つになっているのが、京都のパパジョンズカフェです。

e0113246_15513185.jpg

パパジョンズといえば、NYチーズケーキで超有名なお店です。場所は烏丸今出川の交差点を少し上がった、相国寺というお寺に入る狭い通りにあります。
山門前というロケーションとNYスイーツというミスマッチがこの店を気に入っている理由の一つなのですが、NYチーズケーキを通販で買っている人は、まさかパパジョンズの本店がこんな場所にあるとは想像もできないでしょうね。

同志社大学に隣接しているので大学関係の人が多いようですが、仲間でわいわいという
より、一人カフェで楽しむスタイルがこの場所には似合っていると思います。

e0113246_1551586.jpg


真鍮のドアノブを回して、中に入ると、チーズケーキのショーケースとミニマムサイズのカフェスペースがあります。70'sアメリカのアンティーク風家具を上手くあしらい、白い窓とレースのカーテンなど、映画で観るアメリカの日常風景のイメージです。

肘掛けのついたビロード張りの長椅子に腰を下ろすと、正面の厨房には、ぼくの大好きなGAGGIAのエスプレッソメーカーが見えます。銀色の長いレバーのついた金色のドーム型のメーカーで、魔法のランプや天辺の鷲のオブジェに見覚えのある方も多いのではないかと思います。

この店にくるとオーダーはいつも決まっていて、エスプレッソ・ダブル。メニューには無いのですが、「エスプレッソをダブルで。」と注文すると馴染み客になったみたいで気分がいいです(笑)。
エスプレッソは、注文を受けてから豆をミルにかけ、熱湯で一気に抽出されます。挽いた豆をポルタフィルターに詰めるコンコンという音、シュワーっと高圧で吹き出る熱湯、甘く香ばしいコーヒーの香りは本当によいものです。昭和喫茶のネルドリップとはまた一風違った高揚感です。

papa jon's とプリントされたカップで出てくるエスプレッソは、まろやかな味わいで、本場イタリアンの濃い苦みを想像すると少々インパクトにかけますが、このくらいまったりした味の方が、濃厚なチーズケーキには合うのかもしれません。

e0113246_15522026.jpg

シアトル系のカフェが進出するまで、アメリカのどこの町にもGAGGIAのコーヒーメーカーを備えたダイナーがあったという話を聞いたことがあります。ジョンさんが伝えたかったアメリカの味とは、ジョンさんの育ったアメリカの想い出そのものなのかもしれませんね。

誰もが知っているパパジョンズカフェは、ぼくが愛して止まない秘密のアメリカンなカフェです。カフェがお好きな方、ぜひどうぞ。とってもいい店です。

e0113246_15523689.jpg


●パパジョンズ・カフェ
  京都市上京区上立売東入ル相国寺門前町642-4
  TEL 075-415-2655
  OPEN 11:00AM~10:30PM 火休
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-15 16:16 | カフェ/喫茶店 | Comments(10)
散歩で本・本
僕の親愛なる同僚のRは、本と旅行とお酒をこよなく愛するとても魅力的な女性です。その彼女が本のブログを運営していることは周知なのですが、彼女はそのURLを誰にも明かしていません。どうやら、どんな本を読んでいるかは彼女の内面を映すものであり、それを知られたくないというのが、真相らしいのです。本というのはそんなものなのでしょうね。

そんな事を考えながら、散歩の途中で立ち寄った古本屋さんのお話です。


e0113246_051167.jpg

まず一軒目は、中央区島之内にある「一色文庫」です。千日前の文楽劇場から北に上がり、道頓堀を越えて少し行ったところにある狭い路地の奥に「一色文庫」はあります。初めて行ったときは、あたりのラブホテル街とハングルの看板を掲げる店舗の多さに少々びびりましたが、2回目以降はむしろこのロケーションが、「本を買う」という行為を積極的にさせる要素ではないかと感じるようになりました。

e0113246_0473743.jpg雑貨かカフェのような白いドアを開けると、三方に書棚が並んでいて、絵本から食、建築、文化、文芸ものが整然と並べられています。
とくに探しているのもがなくても、目についた本を手にとってソファーに腰を下ろすと、頭がリセットされ、文字と向き合う静かな時間が始まります。1冊、1冊と本棚から本を手に取ると、普段使っていない脳のある部分が活性化され、覚醒したドーパニンが頭に充満しているよう気分になってきます。

悩んだあげくレジに運んだのは、『紅茶と露壷と夕暮れと-紅茶アンソロジー』という本。その装丁と“文芸作品に見る紅茶”と言う視点が気に入りました。著者の奥野響子さんのライナーノーツを見ると、将来喫茶店を開きたいと書かれてありました。


e0113246_0504348.jpg




2軒目は、大阪農林会館にあるベルリンブックス。こちらは雑誌などでも紹介されているのでご存知の方も多いと思います。アート系の本を中心に映像、音楽、洋書等がセレクトされていて、古書店というより、デザインスタジオのような雰囲気です。

e0113246_0322892.jpg

ロバート・フランクの写真集が今回の目的でしたが、予算オーバーであえなくスルー。写真集は発行部数が少ないので、値段がプレミア的になることが多く、購入には大いなる決断が必要です。
大阪農林会館の地下には、ギャラリー「ナダール」があって、大阪でも数少ないアート気分を満たしてくれる素敵なビルの一つです。

今回2軒の古書店を廻って感じたことは、散歩の途中で立ち寄りたい場所に「古書店」があるということです。いい喫茶店と美味しいコーヒー、それに右脳を活性化させる「古書店」があれば、散歩は100倍楽しくなります。(笑)

  一色文庫
   大阪市中央区島之内2-9-3竹屋ビル1F奥
   TEL 06-6211-8187  

  BerlinBooks
   大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館212号
   TEL 06-6245-7781

e0113246_05082.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2007-07-08 00:56 | 写真・アート・books | Comments(8)
Prangipani フランジパニ
e0113246_20324540.jpg


“一見無駄と思えることを楽しむ...”そんな感覚が日本の町家にはあるように思います。
ぼくが生まれた家もそんな昭和の建物でした。
通りニワという土間が家の中にあり、洗面所に行くのにもいちいち靴をはかなくてはなりません。間仕切りは、襖と障子。トイレに至っては縁側を越えて狭い廊下の奥にありました。今の感覚でいうと、なんと無駄の多い空間ということでしょうか?しかしよく見ると、精緻に組み込まれた長欄間や吹き寄せの障子、板戸に張られた杉板など、どれも日本ならではの美しさに溢れていました。“無駄の多い空間”とは、実は、機能+アルファの今より遥かに豊かで、奥深い空間であったことを、今ごろになって追体験しているように思えてなりません。


烏丸通りを北に上がると、同志社大学のある今出川通りに当たります。その一本北側を走る鞍馬口通り沿いに『 Prangipani 』はありました。

表は全面ガラス張りでイマドキの美容室のように見えますが、大きなドアを開けて中に入るとその印象は一転します。正面に見える美しい座敷は、かつてぼくの暮らした日本の家そのものでした。
広いガラスに面したミセ部分には、観葉植物とスチール製の脚部がモダンなテーブルセットが置かれ、メインのカフェスペースになっています。オクミセの厨房では、この店のオーナーらしき女性が手際よくサンドイッチを作っているのが見えました。

e0113246_20334141.jpg

ぼくが店内をキョロキョロしていたのが目に付いたのか、オーナーから「どうぞどうぞ、よかったら奥へ上がってくださいね。」と声をかけられました。
初めてのカフェで挙動不振なのはいつものことなのですが、とっさに声をかけられて、少々焦ってしまいました。こちらの手の内が見過ごされたような気がして、とっても恥ずかしかったです。

もうよろしいですか・・・?と言わんばかりのオーナーの視線を感じながら、気を取り戻して、メニューからブレンド・コーヒーを注文しました。
ここはコーヒーにもこだわっておられるようで、注文があるたびに豆を挽いて、一杯一杯サイフォンで抽出されます。艶のあるコーヒーはグアテマラベースのブレンドで、苦味の強い今流行の味でした。

e0113246_2034681.jpg

静かな町家の中で、ゆるいジャズに浸るとなんと心地いいことか。
遅い午後の時間を感じさせるように、少しずつ日差しが翳ってくるにつれ、土間に溶け込む影の帯が美しいグラデーションの層を重ねて行きます。

“一見無駄と思えることを楽しむ...”そんな感覚がこのカフェにはあると思います。
いいですね、ネオ町家カフェ。ぼくの中の「和めるカフェ」のイメージなのかもしれません。

e0113246_20405979.jpg

ps.Prangipaniは、プルメリアのこと。なお、この記事はナナキさんへのdedicateです。(笑)


 京都市上京区室町通鞍馬口下ル森之木町462
 075-411-2245
 日曜日休 10:00~19:00
[PR]
by browns_cafe | 2007-07-02 20:50 | カフェ/喫茶店 | Comments(24)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング