ブログトップ
<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
掃除の途中で...
今年も残すところ、あと2日...
いつものように部屋を片付けるのだけれど、思わぬところから買ったままの本や雑貨が出てきてなかなか片付けが進まないってことないですか??
こんな時にかぎって面白い本が出てくるものです。(笑)


●1冊目は「東京クラシック地図」
Amazonで見つけて、内容も確認せずに買ってしまいました。散歩の達人ブックスはいつも気になるんですよ。今回もサイコーでした。

e0113246_1131660.jpg

東京の名曲喫茶が、美しい写真と共に紹介されています。
渋谷のライオン、阿佐ヶ谷のヴィオロン、高円寺のネルケンが泣かせますね。

e0113246_1235030.jpg

散歩の達人ブックスのシリーズには他にも「東京おさぼり喫茶」「東京古本とコーヒー巡り」などが発刊されていてこちらもオススメです。
クラシックとコーヒー。ほんとは教えたくない隠れ家な気分を味わえる貴重な一冊です。



●2冊目は、今井智己さんの写真集「真昼」

e0113246_1261276.jpg

今井さんは東京芸大卒の写真家で2001年にこの写真集でデビューされました。ぼくが初めて今井さんを知ったのは、ホンマタカシさんら13人の写真家がEU全25カ国を撮りおろした写真集『In-between』でベルギー・リトアニアを担当されたとき。感情を廃したような風景の表現手法に驚いた記憶があります。
この「真昼」も見過ごしてしまうようなありふれた風景から微妙な気配や余韻を感じさせる素晴らしい感性の作品だと思います。
興味を持たれた方は、今井さんのブログtomologを覗いてみてください。
真昼(Mahiru)は、menu>>「phograph」で見ることができます。
http://sky.zero.ad.jp/tomoky/



●3冊目はご存じBRUTUS、その名も「ギター愛」!!
男子にとって「ギターを弾けること」はカッコ良さの原点ですよね。伝説のギタリスト達は僕たちの永遠のヒーローです。

e0113246_1143936.jpg

e0113246_1145154.jpg




●最後は、沙月さんに教えていただいた“あまから手帖”の「ザ・昭和」特集。


e0113246_1295234.jpg

“あまから”という言葉も“手帖”という書き方も昭和を感じさせるものでしたが、とうとうやってくれましたね。一年の締めくくりに相応しい一冊です。

昭和は決して過ぎ去った過去の時代ではなく、未来を示唆する素晴らしい時代であったことが再認識されます。
[PR]
by browns_cafe | 2007-12-30 01:37 | 写真・アート・books | Comments(4)
Café Wiener Rose カフェ・ヴィーナローゼ
今日は12月24日、クリスマス・イヴ。ようやく仕事から解放されて、にわかクリスチャンへ変身を目論んでいるところです。みなさんのイヴのご予定はかがですか??
ちょっと背伸びをしたくなるのが、クリスマスの気分ですよね。そんなイヴの日にちょっと気になるウイーンスタイルのカフェのお話です。

e0113246_13274810.jpg


JR環状線の玉造駅から西側周辺は最近注目のエリアで、フレンチレストランやオーダー家具、スイーツショップなど、隠れ家的な店が点在している。坂があり、神社があり、学校があり...ありふれた日常の風景なのだけれど、この場所の歴史の蓄積みたいなものが日常の風景に“隠れ家の存在”を上手く共存させているような気がしていた。そんな玉造の雰囲気にぴったりと溶け込んだコーヒーショップがWiener Roseである。

場所は乙女の学舎が連なる山の手の一角、カトリック系の女子校として名高い城星学園のすぐ前にある。歩道を歩いていても、カフェがあることなど全くわからず、店の前にぽつんと置かれた小さな看板だけが目印になっている。

木製の大きなドアは一見では少々入りにくいが、壁に飾られた小さなプレートやオーナメントはとてもフレンドリーで、優しく穏やかなイメージを感じさせる。

e0113246_13281972.jpg

さっそく店内に入ると目の前にコーヒー豆の焙煎機があり、小さなショップスペースではコーヒー豆とオリジナルの焼き菓子が売られていた。
奥のカフェスペースは床を一段上げ、ショップからの視線も上手く遮り、プライベートなカフェタイム楽しむための配慮がなされている。5人ほどがかけられるカウンター席と4人掛けのテーブル3脚のミニマムなスペースだが、壁を白くすることで広々と見え、清潔感もあってとても落ち着くことができる。ちょっとしたフレンチのレストランのような雰囲気である。

e0113246_13284515.jpg


コーヒーはオリジナルブレンドからスペシャルティーコーヒーまでいくつかセレクトされているので、その日の気分でコーヒーを選ぶのも楽しい。
オリジナルケーキにも力を入れていて、レシピにもこだわった本格的なスイーツを味わうことができる。定番のザッハトルテはチョコレートを扱うため冬限定になっていて、季節によって手に入る果物を使った手のこんだケーキが期間限定で提供される。

オリジナルブレンドのコーヒーは何かホッとする一杯で、とてもやさしい印象を受けた。ザッハトルテも絶品で、「コーヒーでスイーツ」というウイーンあたりのカフェの楽しみ方がこの店のイメージしているところなのかもしれない。

e0113246_1329240.jpg

注文したザッハトルテがあまりに美味しかったので、帰り際ケーキの感想をお店の人に伝えたら、オーナーの奥さんらしき人から「ぜひ、また足をお運びくださいね〜(熱!)。」と烈々なオファーを受けてしまった。少々気恥ずかしかったが、こんな会話ができるカフェは大好きである。

このコーヒーショップは、カフェ好きの友人を案内するときっと喜ばれるに違いない。コーヒーでケーキというスタイルに馴染みがなかったカフェ好きには是非ともオススメしたい店である。


 ●Café Wiener Rose  カフェ・ヴィーナローゼ  
   大阪市玉造2-25-18 TEL:06-6167-9488
   open :am10:00- pm7:00
   close :wednesday


e0113246_13262326.jpg



(追記)
今日はクリスマス・イヴ。
都会の喧噪を避けて玉造の山の手を散歩するというプランはいかがですか?
ついでに、いもせさんでお蕎麦を食べ、Wiener Roseさんで美味しいコーヒーとケーキをいただき、目の前にある玉造カトリック教会で聖夜に祈りを捧げるというというのは、意外性あり、サプライズありで絶対ステキですよ。コンパクトだし、お金もかからない。
いやはやあまりのグッドアイデアに絶句でございます。(笑)
フレンチのディナーに飽きた向きには案外新鮮でいいかもしれませんね。
ややや!これは絶対シブいですよ!シブ過ぎますー!!!(笑)

ではではお後がよろしいようで!
みなさま。すてきなクリスマスをお過ごしください。  Merry Christmas !!



(追記2)
今年の12月は大忙しの毎日でルミナリエも行けずじまい。やけくそで街のイルミネーションをアップします。ついでに同僚のネイルアートもクリスマスバージョンで...


e0113246_13254525.jpg




e0113246_13255639.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2007-12-24 13:41 | カフェ/喫茶店 | Comments(6)
Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA  チッポグラフィア
コーヒーショップの重要なテイストの一つに音楽があると思う。コーヒーの主産国が南米で、そこで流れるボサノバは、まさにコーヒーを美味しく飲むために生まれたブラジルのコーヒー音楽に違いない。
女性ヴォーカリストが口ずさむように歌うムーンリヴァーを聞きながら飲む、香り高いコーヒーは最高に美味しかった。あちこちのコーヒーショップを巡っているが、行く度にぼくの中のカフェ・ランキングが入れ替わっていく。
阪急豊中駅からちょっと離れた場所にあるチッポグラフィアは、ぼくの予想を裏切るほど新鮮でシンプルで、とっても居心地のいいコーヒーショップだった。

e0113246_11304850.jpg


阪急豊中駅から歩いて10分ほど。古い商店街を抜けると道がいくつもに分かれて、ゆるやかな坂の続く住宅地へと変わる。豊中稲荷神社を左手に少し行くとカフェらしき三階建ての建物を発見した。表がガラス張りになっていて自分の姿が映り込むのを避けながら、そしらぬふりをして中を覗くとレモンイエローに塗られた大きな焙煎機が見えた。

店内は、天井が低く、奥に長い日本家屋のスタイル。白く塗られた壁にセンスのいいインテリアがよく映える。奥がカフェスペースになっていて、ショップ部分から続く長いカウンターで仕切られている。
カウンターの奥には、L'ESPRESSO "QUELLO BUONO" SI BEVE SOLO AL BARと誇らしげに書かれたエスプレッソマシーンが置かれていて、まるで映画のワンシーンのようなカッコよさである。

e0113246_11332677.jpg

フロアにはテーブルが3脚、カウンターに椅子が5脚のミニマムなカフェスぺーズだが、無駄なモノがないので、とてもリラックスした気分になる。壁一面にはジャズやボッサのCDがびっちりと並び、さながらジャズ喫茶のコレクションのよう。JBL4312Bのスピーカーからは、音量を絞ったゆるいボサノバが流れていて、脳の中にα波が流れまくる。

メニューもオーナーのこだわりか「ボコタで朝食を」「ふわふわ雲のカプチーノ」「水彩画のミルクコーヒー」などのコメントが書かれていた。
とりあえず、今日のオススメから”イルガチェフのモカ“を注文した。

少しするとドリップしたサーバーでコーヒーが運ばれてきた。テーブルに人工芝のような緑色の大きなコースターとこれまたおおぶりのカップが並べられ、なみなみとコーヒーが注がれていく。脇にはソルトピーナッツが添えられてセット完了。早速、一口コーヒーを口に含むと、甘いモカの香りが広がった。
スペシャルティコーヒーに使われるALESSIのカップはマグのような大きさで、ブレンドコーヒーにはブラジル国旗の入ったこちらもおおぶりのカップが用意される。

e0113246_1142434.jpg

帰り際、大きなコーヒーカップの理由を聞いたら「コーヒーはいっぱい飲みたいじゃないですか!」とオーナーから満面の笑みでそう返ってきた。
コーヒー好き、音楽好きの友人宅に招かれたような気分で、何とも後味がいい。

ちなみにTIOPOGRAFIAとはポルトガル語でタイポグラフィーのことのこと。ブラジルを愛し、音楽を愛するオーナーの美味しいコーヒーを楽しみたいという思いがこのカフェにはいっぱい詰まっている。

現在、オススメ度No.1 サイコーです。(笑)



 ●Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA
 
   豊中市本町6-7-7 TEL:06-6849-6688
   open :am11:00- pm7:00
   close :monday


e0113246_11343267.jpg


[PR]
by browns_cafe | 2007-12-09 11:52 | カフェ/喫茶店 | Comments(7)
カフェ フォト
めっきり寒くなりましたね。
ここのところカフェへは行っているのですがブログの記事を書く時間がありません。
そこで、撮りためたカフェ写真から何点かアップすることにしました。

一軒目は、阪急長岡天神駅前の純喫茶「フルール」。ステンドグラスのある吹き抜けと水の流れるゴージャスな雰囲気がこの店の特徴です。

ぼくが印象に残ったのは、朝の光が差し込む庭園側のフロア。モーニング・セットの紅茶が琥珀色に光ります。パーテーションの装飾が美しい昭和の喫茶店でした。


e0113246_21403653.jpg


e0113246_2141048.jpg


e0113246_2141296.jpg


e0113246_21434632.jpg





このカフェはご存じの方も多いと思います。
西陣のカフェ‥

e0113246_21422050.jpg


雰囲気は良いのですが、とても記事にはできません。オススメもできません。・・・・・
[PR]
by browns_cafe | 2007-12-04 21:54 | カフェ/喫茶店 | Comments(9)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31