ブログトップ
<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
カフェ 百花 / cafe moka
カフェの名前にはかなりのこだわりのある方なのだけれど、中でも大好きなカフェの名前がここ“百花(モカ)”。字面といい、響きといい、すっかりハマってしまった。日本人が感じる漢字のイメージと美味しいコーヒーのイメージの両方を備えた素晴らしネーミングだと思う。

e0113246_2359856.jpg


百花は、JR茨木駅を少し南に下がった住宅地の一角にある。駅前とは思えない静かな環境に建つ築100年の民家がカフェ&ギャラリーになっていて、この店のオーナーが経営する建築事務所によってリノベーションされた。

玄関はちょっとしたイベントスペースにようになっているが、民家の設えゆえ靴のまま入るのは少々戸惑うかもしれない。しかしそんな心配も何のその、目の前に見えるアーティスティックな雰囲気に一気に気分が高まってくる。カフェブースとギャラリーブースの境となる漆喰壁に、さりげに書かれた「la galerie」「 百 Cafe 花」のサインが好ましい。


e0113246_06128.jpg


カフェはオープンテラスを備えた10畳くらいの広さで、太い松の根太天井がとても印象的。一間(2m)ほど開け放たれた部分から見えるギャラリーの暖色系の灯りとガラス障子から望む庭の対比の美しさは日本建築ならではのものだと思う。

この日は午前中の早い時間だったため、客はぼく一人。贅沢に壁際のソファー席に座ることにした。壁には緑が鮮やかなタペストリー、その横には足が長くシェードに細かいプリーツのあるランプスタンドと、ミッドセンチュリーなインテリアがこの店のコンセプトのような気がした。濃い焦げ茶色のファブリックの椅子や厨房周りの設えも奇をてらうことのない調和のとれた素晴らしデザインだと思う。


e0113246_005874.jpg


メニューはしっかりしていて、紅茶の銘柄やスイーツもかなりの充実ぶり。夜は食事やお酒もいけるとのこと。こんなカフェを使える茨木の人がうらやましい。

とりあえずブランチ代わりにホットサンドとコーヒーを注文した。
コーヒーは一杯ずつ豆を挽いてドリップする本格的なスタイルで、角の取れたほどよい苦みのぼく好みの美味しいものだった。ホットサンドもブランチには最適で、他のメニューもレベルはきっちり維持されているという印象を受けた。

BGMはこれまたミッドなマッキントッシュのMC-2501。ジャズを中心にアコースティックな選曲にも注目したい。それにしてもマッキントッシュアンプの青いインジケータがなんと美しいことか...

e0113246_02178.jpg


そういえば、照明はカフェお決まりのミニ・ハロゲンなのだけれど、天井のトーンがグッと暗いためまるでハロゲン球が星の瞬きのようにみえて何とも美しい。センスの悪いカフェの一点豪華仕様のインテリアはホント辟易なのだけれど、シンプルでセンスのいいインテリアは全く飽きがこないことを改めて実感した。ホントに良い感じ!


またまた、町家カフェのレポとなったが、前述のルポ・デ・ミディとは全く正反対なカフェのスタイルがここにはあると思う。是非お試しあれ...オススメです。


●カフェ 百花 
茨木市駅前1-8-28  TEL:072-621-6953
  open: 日~木11:00-20:00 (金・土/祝前日1は23:00まで)
  close: 水曜日(祝日の場合は営業)


e0113246_093667.jpg



e0113246_025649.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2008-06-29 00:22 | カフェ/喫茶店 | Comments(12)
Repos de midi / ルポ デ ミディ
e0113246_15101823.jpg

すっかりご無沙汰のカフェレポを復活するのにふと思いついたのが、枚方公園駅近くにあるこのカフェ。ぼくのカフェ選びのポイントとなるロケーションやのんびり度ではかなりいい線をいっていると思う。

枚方公園駅は、京阪で京都へ行く際に車窓から見える枚方パークでご存じの方も多いと思うが、街歩き、旧い建物が好きな方には、くらわんか舟の「鍵屋」のある駅と言った方がわかりやすいかもしれない。

枚方公園駅を降りると、ちょっと昭和な商店街があって、その裏道にあたる細い通りが旧京街道になる。西見附という宿場の西端を目印に通りを歩いてくと、鍵屋を過ぎたあたりに見える軒の低い町家が「ルポ デ ミディ」である。

京都あたりの重厚な町家ではなく、ごくフツーの民家の佇まいがこの町の雰囲気によく溶け込んでいる。初めてのカフェは少々緊張するものだが、靴を脱いで革製のスリッパに履き替えると、知り合いの家にでも招かれたように緊張の糸がゆるゆるとほぐれてくる。

e0113246_1562461.jpg

店内は奥に向かう狭い廊下の左手が雑貨、右手の6畳二間と縁側がカフェのスペースになっていた。
天井が低くガラス障子で仕切られたカフェスペースは、一時期流行った町家カフェの流れなのだけれど、「ほんまにこんなんでええのん?」と思ってしまうほど気負いのない“ゆるさ”を感じた。

エアコンの風が通るソファに腰を下ろすと、黒髪と大きな目がとても印象的な女性が水とおしぼりを運んできた。午後のまどろんだ雰囲気に、思わず「素敵なところですね。」というと「私もこの雰囲気が大好きなんですよ!旧いものが大好きです!」と即座に笑顔が返ってきた。
彼女はきり絵作家で、縁側のガラス障子に掲げてある「さくら」も彼女の作品なのだそうだ。

旧い足踏みミシン、Victorのカセット、レトロガラスの入った水屋やゼンマイ仕掛けの時計に囲まれて「昭和のはなし」ができるもの町家カフェならではの楽しみなのかもしれない。

e0113246_15105656.jpg

e0113246_15124255.jpg


すこしすると注文したコーヒーが運ばれてきた。
小振りな土モノの器で出されるコーヒーはとても甘い香りが際だつ美味しい一杯であった。舌の先で感じる甘さとのどの奥で感じる苦みのバランスがいい。お店の人によると数量限定で炭火自家焙煎のコーヒーも用意しているとのこと。オーナーが土日を利用して庭で焙煎するのだそうだ。

手作りの家具や手ぬぐいなどの雑貨、週末にオーナー自らが炭火で焙煎するコーヒーを味わえるカフェもそうざらには無いと思う。都心の商業カフェでは決して味わうことのできない“時間のゆるさと人のつながり”がこのカフェにはあると思う。

帰り際、きり絵のはがきを一枚買って、店名の「Repos de midi」の由来を聞いてみた。フランス語で、「お昼休み」の意味なのだそうだ。

確かに何を目的にするのではなく、ぼんやりと“お昼休み”を過ごすように時間を楽しむ使い方がこの店には合っていると思う。
枚方で見つけた町家カフェは、カフェ探しの楽しさを再認識させてくれる心地の良さに溢れている。

(追記)
ランチはありそうでないので悪しからず...
はちみつ、抹茶、黒胡麻の自家製ロールケーキはコーヒーとセットでどうぞ。


●Repos de midi / ルポ デ ミディ 
   〒573-0057 枚方市堤町10-12 TEL 072-843-1525
   open 11:00-18:00
   close 日・月曜日
   http://www.repos-de.com/

e0113246_15145488.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2008-06-22 15:24 | カフェ/喫茶店 | Comments(14)
soon !!
×月×日
・・・雨ですね。

あれよあれよと何にも更新できないまま、春から初夏へと季節が変わってしまいました。
窓から見える木々の緑もいっそう濃度を増し、雨のしずくがキラキラ光ってとても綺麗です。梅雨は好きじゃないけど、何も予定のない日曜日に家でのんびりと過ごすにはいいかもしれません。

4月にポストが動いて、日々の環境がずいぶんと変わりました。
暇なし、旅なし、カフェなし・・・・・incredible!!

机の上には買いためた本や雑誌が山積みになっています。
今日はこれをやっつけて撮りためたカフェの写真を見ながら、復活第一弾のカフェレポを書きます。

ご心配くださったみなさん、ありがとうございました。
お寄せいただいた情報へのレスは追々アップさせていただきます。
では!

(追伸)
わん吉さん、そばの横好きさん、かおりさん、なすびさん、moz-boxさん
レスができなくてすみませんでした。少しずつ記事をアップしていきますので、また遊びにいらしてくださいね。



e0113246_1027040.jpg



****名古屋カフェぼん***


いつもカフェの話題を提供して下さる、めぐみさんから3度目の名古屋カフェのリクエストをいただきましたが、全くネタがありません。
どなたかオススメの名古屋カフェがありましたら、ぜひコメントをよろしくお願いいたします。

それと、知り合いからの請け売りなのですが、名古屋カフェでこんな本が出版されています。
なかなかよさげな感じなので、是非手に入れたいと思っています。
おまけの「甘ぼん」もとっても良い感じ・・・☆きゃッ!(笑)


e0113246_2241387.jpg

カフェぼん―愛知・岐阜・三重  (ゲインムック)
880円 出版社: ゲイン (2006/10)
[PR]
by browns_cafe | 2008-06-22 10:29 | 雑記/misc. | Comments(24)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング