ブログトップ
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アカリ珈琲
陽なたぼっこする猫、格子に絡む朝顔、ひな段に並んだ植木鉢・・
生活感あふれる懐かしい町並みに出会うことが、散歩の一番の楽しみになっている。

昭和の町並みや路地裏を歩いていると、まるで小説家になったような気分で、頭の中にいろんなストーリーが浮かんでくる。

そんな散歩の楽しみをまとった昭和の長屋の一角に、僕の大好きなカフェがある。



e0113246_20293732.jpg


名前は、アカリ珈琲
堺の北の端、七道駅を少し西に入った古い住宅街にある。
京都にあるような町家とは趣の違う、ちょっと遣れた感じの独特の雰囲気が堺の町に溶け込んでいる。


玄関を入ると、ほんのりとした灯りに照らされたインテリアが目に留まる。
オーナー自らが造ったという店内の設えが、ちょっとした作品のような雰囲気。

レトロな家具や雑貨で作られた女子カフェのまったり感も大好きだけれども、アカリ珈琲のように、アートで、ちょっと男気を感じる空間もなかなか面白い。



e0113246_20325098.jpg



コーヒーはオーナーの独学らしいが、丁寧にドリップされた甘い酸味の立つ美味しいものだった。



e0113246_20343146.jpg



この店を知ったのは、堺でまちづくりイベントを主宰している女性からの情報だった。
彼女は仕事帰りに、ふと一人でコーヒーを飲みにいく素敵な場所(カフェ)があるのだと、僕に話してくれた。


アカリ珈琲は町中に静かに潜む、自分の時間が作れる希少なカフェなのだと思う。





e0113246_20345682.jpg



●アカリ珈琲
   堺市堺区南島町2-59 TEL072-229-3545
   open:11:00~23:00
   close:月・火曜日




e0113246_20351647.jpg




*notice*
写真ブログ「the fragment」アップしました。ポチッとどうぞ・・
[PR]
by browns_cafe | 2011-01-30 20:39 | カフェ/喫茶店 | Comments(10)
CAFE TANTO TEMPO
最近、雑貨販売やギャラリーを併設したカフェが増えてきた。

確かに“小さな時間”をすごすための空間はとても大事だし、好きなものに囲まれて一息つきたいという気持ちは誰にでもあると思う。

僕の周りにも、雑貨に始まり、家具、書籍、植物、アンティーク、洋裁、玩具、自転車、はたまた、お寺まで・・・、数えれば限がないくらい、たくさんのコラボなカフェがある。

そんなコラボカフェの中でも、僕がもっとも居心地がいいと感じるのは“写真ギャラリー”を併設したカフェ”なのである。



e0113246_13532089.jpg



正確には写真ギャラリーでお茶が飲めるということなのかもしれないが、アート鑑賞とカフェは絶対切り離せない関係にあると僕は思っている。

いい映画を観たり、心の残る本に出会ったり、悩んだ末の自分への買い物など、右脳を揺さぶる知的な作業の後には、必ずコーヒーが飲みたくなるものである。



3連休の初日に神戸の栄町を散歩していたら、ふと路上の看板に掲げられた「EIKOH HOSOE -細江英公写真展 "花泥棒” 」の張り紙が目に留まった。
栄町は、学生の頃から何度となく歩いた大好きな場所のひとつだが、TANTO TEMPOがあるビルを気に留めたことはこれまでなかった。

「PHOTO CAFE AND GALLERY」のサインに引き寄せられるように階段を上がると、ドアのガラスから、プロカメラマンのスタジオのような室内が見えた。
白い壁面に観葉植物の葉がなんともシャープに見えて、気分が一気に高まる。



e0113246_13545597.jpg



中に入ると、狭いながらも、右手に写真の展示ブースがあり、窓に向かって、カフェが併設されていた。

僕が写真に憧れるひとつの要素に、写真家の事務所のカッコよさがあると思う。
白い壁に無造作に立てかけられたモノクロームの写真がどれほどカッコよく映るか・・

窓際にはカウンター席が設けてあって、アンティークな椅子が並んでいた。
本棚には写真集がずらっと並んでいて、年配の紳士が丁寧に写真集を手に取る姿がとても知的な風景に見える。

いやはや、街を散歩していて、こんな素敵なカフェに出会えるとは・・・



e0113246_13553941.jpg



ギャラリーの女性にカプチーノを注文して、席についた。
午後のひとときを楽しむには僕にとって最高の空間だった。


不覚にもこの日はカメラを持っていなかったので、写りの悪いBlackberryの内蔵カメラで、何枚か写真を撮った。
窓から入る午後の陽射しがレンズに差し込み、僕の撮った写真はみんな、“もわもわ”した出来の悪いものだった。

写真ギャラリーという刺激的な場所で、僕は舞い上がっていたに違いない。帰りの電車の中でBlackberryの写真を見て、僕はそう確信した。



e0113246_1356465.jpg



だれでもが和めるカフェではないが、TANTO TEMPOにように、知的でアートなコラボなカフェは絶対街をカッコよくしてくれると思う。


また一つ、栄町に足を運ぶ“素敵な理由”ができた。





●Photo cafe & Gallery TANTO TEMPO
   神戸市中央区栄町通2-1-3(3F)
TEL078-393-0810
   open:11:30 - 18:30 (L.O)
   close:水曜日・祝日

   http://tantotempo.jp/




e0113246_13571646.jpg


*notice*
写真ブログ「the fragment」アップしました。ポチッとどうぞ・・
[PR]
by browns_cafe | 2011-01-15 14:19 | カフェ/喫茶店 | Comments(12)
efish
元々散歩が好きで、その時々に出会ったカフェが気になり始めたのが、僕とカフェとの最初の関係だったと思う。

その中でも忘れることの出来ない感動的なカフェがいくつかある。



e0113246_1517692.jpg




efishがあるのは五条大橋のたもと。

古いビルと周囲のひっそりとした雰囲気が一体となったロケーションは、行く度にその存在感を増しているように思える。



一階のリバーサイドは、鴨川を見渡せるように大きなガラス面になっている。

それゆえ五条大橋からは店内の客を遠目に見ることができるのだが、ぼくの目には“水槽に泳ぐ金魚”に見えて仕方がない。


これはもしかして、プロダクトデザイナーであり、オーナーの西堀さんが意図したものなのか・・・???




e0113246_15175526.jpg




今年の初カフェは、ひさしぶりefish・・

やっぱり間違いはなかった。

efishを有名にしたオレンジ色の椅子は、渋い色合いのソファーに変わっていたが、以前にも増して居心地の良さはグレードアップしていた。


それにしても、efishはすごい。

他のカフェとは少々レベルが違う。





e0113246_16271825.jpg

●efish / エフィッシュ
   京都市下京区木屋町通り五条下ル西橋詰町798-1 TEL: 075-361-3069
   open:11:00 —22:00
   close:無休




e0113246_15191581.jpg

*notice*
写真ブログ「the fragment」アップしました。ポチッとどうぞ・・
[PR]
by browns_cafe | 2011-01-10 15:26 | カフェ/喫茶店 | Comments(13)
thinking things
新しい年が始まりました。

さて、今年は何をするか??
しっかり考えて、しっかり悩んで、しっかり楽しめる一年にしたいです。


2011年の thinking things・・

まずは、一杯のコーヒーから始めてみませんか?



e0113246_13412963.jpg



*notice*
新しいblogをオープンしました。

『the fragment』 http://xc70.exblog.jp/

大好きな散歩の途中で見つけた、ちょっと懐かしい風景の“断片”です。
6×6のフォーマットとトイカメラ風の色調がとっても散歩気分なのですよ。
[PR]
by browns_cafe | 2011-01-01 13:45 | 雑記/misc. | Comments(6)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31