ブログトップ
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ラ・ヴァチュール
長い間カフェを巡っていると、いくつかの想い出に残るカフェが思い浮かぶ。

ラ・ヴァチュールもそんな想い出に残るカフェの一つ。




e0113246_22595416.jpg



高校生の時、初めての京都デートで入った記憶がある。

以前は地中海レストランが併設されていて、手前のカウンターで、タルトタタンとコーヒーが飲めたような気はするが・・・果たしてどうだったのだろう。




久しぶりのラ・ヴァチュールは、たくさんの客で賑わっていた。
奥のテーブルが空いたので、3人で席についた。

何年かぶりに目の前に現れたタルトタタンは、”記憶の中のタルトタタン”よりもはるかに色が黒く、濃厚なケーキに見えた。

タルトタタンは要するにタタン叔母さんの失敗から生まれたケーキなのだけれど、タタン叔母さんが作りたかったアップルパイより、香ばしく深い味わいがする。

この香ばしく深い味わいが、実のところコーヒーに合うように思えてならない。




e0113246_23172981.jpg




初めてカウンターに座って、コーヒーとタルトタタンを注文した時、
マスターから「コーヒーは最初、何も入れずブラックで飲んでください。」と言われた。

これもコーヒーとタルトの相性を考えてのことなのだと思う。




e0113246_23184733.jpg





僕にとって、ラ・ヴァチュールはそんな青き時代の琥珀に染まった瞬間だったのかもしれない。


  彼女はいまどうしているのだろうか・・・
  僕のことを覚えているだろうか・・・
  ラ・ヴァチュールへ行ったことは・・・



お店はすっかり改装されてキレイになったが、こんな想い出に浸れるのも京都のカフェならではの息の長さに違いない。





e0113246_23164165.jpg



●La Voiture ラ・ヴァチュール
  京都市左京区聖護院円頓美町47-5 TEL 075-751-0591
  open:11:00~18:00
  close:月曜日







e0113246_23194537.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2011-11-26 23:25 | カフェ/喫茶店 | Comments(5)
ホーチミン・・もっと好きになる。
今回のホーチミン、実は事前に何も調べずに行ってしまった。

ちょっとそこまで・・・まあ、行けばなんとか・・
みたいな気楽さで、ふらふらとホーチミンを彷徨っていた。



e0113246_14152761.jpg


いっしょに行った友人はホーチミンにベトナム人の知り合いがいて、ホテルからタクシーで40分ほどのところにある自宅に行くというので、僕も同行した。


ごく普通の家庭としては、最高のもてなしで僕たちは迎えられた。

朝5時から料理を作ってくれたお母さんのはにかんだ笑顔は、今の日本では忘れ去られた“奥深しい笑顔”にように思えた。



e0113246_14155354.jpg


e0113246_14172392.jpg



近所の人もやってきて、tiger beer片手に「yoh ! yoh !」の乾杯の嵐・・

写真もいっぱい撮って、ハグして、あっと言う間の“出来事”であった。
こういう付き合いは何につけ楽しいもので、ほんの短い時間でも、心にぐっとくるものがある。



ぼくは以前、町づくりに関わっていたことがあるが、まさに町とは=人であり、人を知り、人が好きになると、どんどん町のことが分かってきて、どんどんその町が好きになっていくものである。


これだから街歩きはやめられない。



note:
the fragmentに、ほぼ毎日、写真をアップします。よければどうぞ・・






e0113246_14175370.jpg

[PR]
by browns_cafe | 2011-11-05 14:25 | 雑記/misc. | Comments(4)
ホーチミンへ・・
美味しいご飯、街歩き、写真・・・そしてカフェ。

週末になると、ほぼこんなキーワードで街を歩き回っているが、このキーワードに“美味い中華料理”と“リラックス”を加えたら、出てきた答えが、”ホーチミン

最近、雑誌などでもベトナム特集をよく目にするが、実際、僕自身、ハービスエントのANGERSで、「FIGARO voyage」のベトナム特集を見て、すっかり舞い上がってしまった。



e0113246_21343594.jpg



ホーチミンは、関西空港から直行便で6時間。
金曜日の午前中に出発すると、2泊3日で月曜日の早朝に戻ってくることができる。

ホーチミンに初めて行ってみて、正直、こんなに素敵な街だとは思わなかった。
街に活気があり、とにかくみんなが元気。
バイクの多さと排気ガスが苦手という人もいるかもしれないが、ぼくはこれもホーチミンの魅力だと思えてならない。



e0113246_21353677.jpg


e0113246_2136183.jpg


e0113246_21495580.jpg





二日目の朝、ホテルの窓からサイゴン川を眺めていたら、ベトナム戦争に従軍していた開高健氏のことが頭に浮かんだ。

開高健氏の著書に、ホーチミンのMAJESTIC Hotelの最上階のラウンジで、毎晩、酒を酌み交わしながら、各国のジャーナリストから戦線の状況について情報を入手していたという記述がある。

まさにその風景が目の前に現れてびっくりした。

古き良き伝統とモダンシティが混在するアジアの街に、僕は足を踏み入れてしまった気がした。

ううん、ホーチミン・・・





e0113246_21384478.jpg





note:
the fragmentに、ほぼ毎日、写真をアップします。よければどうぞ・・
[PR]
by browns_cafe | 2011-11-03 21:44 | 雑記/misc. | Comments(8)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30