ブログトップ
<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
横浜中華街の北京

e0113246_19443627.jpg


いまや横浜観光の目玉になっている中華街。
バラの美しい港の見える丘公園と山下公園にはさまれた絶好の場所にある「横浜中華街」はいつ行ってもすごい人並みで賑わっている。

お腹の空いた時間にイメージする中華街は本当に魅力にあふれている。
でも、「いざ、この店へ!」となるとなかなか決められないことが多く、店選びが苦痛になってしまうことさえある。
結局、期待と挫折の狭間で中途半端な店で妥協してしまうことはよくある話である。

そんな僕の経験の中で、ここはというお店を発見した。


北京は、香港路を入った路地にあり、まず穴場感がぼく好み。
ランチの時は迷わずここに行くことにしている。

オススメは肉団子と油淋鶏。
ご飯とデザートがついて休日のランチが950円で食べられる。

肉団子はふわふわで、何度食べても飽きない。

大将に「どうしてあんなにふわふわなんですか?」とたずねたことがあるが、「普通に作っているだけですよ」といたってクールな返事が返ってきた。

油淋鶏は僕に中ではイチオシの逸品
シャキシャキのレタスの上に油で揚げたジューシーな鶏肉が乗せられ、生姜たっぷりのタレが食欲をそそる。

相方は、これに10年ものの紹興酒をあわせるのが定番となっている。

焼き餃子ももっちりしていて、5個600円で何個でも追加して注文することができる。

他にも有名店は星の数ほどあるが、餃子にしても小龍包にしても期待が大きい分、食べた時の感動が薄いことが多いが、北京の餃子は、料理としてしっかり調理されていて、もちもちした皮とお汁たっぷりの餡のバランスがたまらない。

ラー油をぐっと効かしたタレつけて、冷たいビールで流し込むあの感じが味わえる。


あんまり美味しいので、一度女将さんに「ほんま美味しかったですわ。」とお礼をいったら、女将さんの笑顔が返ってきた。
あれこれ聞きたがる胡散臭い僕にも気持ちよく対応してくださり、いろいろ話を伺うことができた。

実は「北京」、昔からある店ではなく、以前は西新宿で営業をされていたとのこと。
ここに移ったいきさつなどを聞かせていただいた。

西新宿時代には雑誌の取材を受けられていて、店の前に女将さんのインタビュー記事が貼ってあった。なるほど一本筋の通った女将さんとお見受けした。

帰り際、僕が大阪から来たことを告げると「大阪の人はええやろ、私は大阪の人と気が合うねん。」とテンション上がること、上がること。
女将さんもよほど気分が良かったのだろう、親切に中華街の美味しいお店まで教えていただいた。

中華菓子はここ、調味料はここ、食材はここ、と。
さすがにプロのオススメの店はどこも素晴らしかった。

観光客から、地元民になったような気がした。

女将さん手書きの地図は僕の宝物になっている。

有名店の高級料理や行列のできる○○とは全く違うが、横浜の名所を巡ってちょっとランチでもという向きにはホントにいい店だと思う。

この店を楽しむコツは、女将さんのテンポに合わせて美味しいものを美味しくたべること。
決してちまちま食べたり、おしゃべりは必要以上にしないこと。
いいお客さんにはひたすら優しいし、スープや杏仁豆腐をサービスしてくれることっだって。

僕は大好きです。(笑)


e0113246_12230881.jpg






[PR]
by browns_cafe | 2015-03-15 12:27 | 美味しいもの/店 | Comments(5)
HIROFUMI FUJITA COFFEE / ヒロフミフジタコーヒー


散歩が楽しい街の条件に美味しいコーヒーが飲めるカフェは欠かせない。

ぼくみたいに観光地や繁華街が苦手な人間は、どうも散歩というものに思い入れやこだわりを込めたがる習性があるようだ。

玉造界隈はそんな僕の思い入れが一杯つまった貴重な街の一つになっている。



e0113246_13050479.jpg


HIROFUMI FUJITA COFFEEがあるのは、長堀通りから細い坂道を上がったところ。
前が車の通れない狭い路ゆえ、わざわざ行かないと通りすがりでこの店に出会うのは難しいかもしれない。


全面をガラス張りにして、洒落たイニシャルのロゴが目を引く。
店内は倉庫を改装したような雰囲気で凝った内装ではない。

ステンレスの焙煎機とコーヒー豆を売るショーケース、腰高の長いカウンターなど、コーヒーを提供し楽しむための最低限度の設えがイマドキなのかと思う。


カウンターのマスターに目配せして、壁際のテーブルについた。


e0113246_12511561.jpg


テーブルからは、ガラス越しに向かいの植栽がまるで併設された植物園のように美しい。

ごく普通の植栽なのに、路が狭く全面がガラスになっているので、偶然の光や影でいろいろな表情を楽しむことが出来る。

「こんな店、他にないよな・・」と、僕は“その小さな風景”がすっかり気に入ってしまった。


用意されるコーヒーはブレンド3種類と自家焙煎のスペシャルティコーヒー。
値段はどれも470円で、二杯目からは170円で別の豆を選ぶこともできる。


せっかく玉造まで来たのだからとブレンドから「玉造ブレンド」を注文した。


e0113246_12512517.jpg


カウンターの奥では、マスターが挽きたての豆をドリップする姿が見える。仕上げに香りを確認しテイスティングまでされて、ようやく僕のコーヒーが出来上がった。

運ばれてきたコーヒーは褐色の美しい色をしていた。

隣りには、お茶請けにと、抹茶を練りこんだ黒糖が添えられてあった。


さっそくお茶請けをひとかけ口に含んで飲んでみた。

えっ、 ぬるくてゆるい・・


でも誤解のないように。ぬるくてゆるいは僕にとって決して否定的な言葉ではない。

巷のコーヒーがコントラストの強いデジタルカメラの写真だとすると、ここのコーヒーはモノクローム写真のように階調の豊かさを感じさせるコーヒーだと思った。

コーヒーの風味が喉の奥にふわんと残る。



e0113246_12515703.jpg



梅田や天王寺でひと息つきたい時にわざわざこの店に足を運ぶことがある。
それぐらい居心地がいい。

HIROFUMI FUJITA COFFEEは僕の散歩のイメージにぴったりのコーヒーショップだった。


それにしても ぬるくてゆるい・・・(笑)







e0113246_12514981.jpg


[PR]
by browns_cafe | 2015-03-01 13:23 | カフェ/喫茶店 | Comments(0)



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31