人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
散歩で本・本
僕の親愛なる同僚のRは、本と旅行とお酒をこよなく愛するとても魅力的な女性です。その彼女が本のブログを運営していることは周知なのですが、彼女はそのURLを誰にも明かしていません。どうやら、どんな本を読んでいるかは彼女の内面を映すものであり、それを知られたくないというのが、真相らしいのです。本というのはそんなものなのでしょうね。

そんな事を考えながら、散歩の途中で立ち寄った古本屋さんのお話です。


散歩で本・本_e0113246_051167.jpg

まず一軒目は、中央区島之内にある「一色文庫」です。千日前の文楽劇場から北に上がり、道頓堀を越えて少し行ったところにある狭い路地の奥に「一色文庫」はあります。初めて行ったときは、あたりのラブホテル街とハングルの看板を掲げる店舗の多さに少々びびりましたが、2回目以降はむしろこのロケーションが、「本を買う」という行為を積極的にさせる要素ではないかと感じるようになりました。

散歩で本・本_e0113246_0473743.jpg雑貨かカフェのような白いドアを開けると、三方に書棚が並んでいて、絵本から食、建築、文化、文芸ものが整然と並べられています。
とくに探しているのもがなくても、目についた本を手にとってソファーに腰を下ろすと、頭がリセットされ、文字と向き合う静かな時間が始まります。1冊、1冊と本棚から本を手に取ると、普段使っていない脳のある部分が活性化され、覚醒したドーパニンが頭に充満しているよう気分になってきます。

悩んだあげくレジに運んだのは、『紅茶と露壷と夕暮れと-紅茶アンソロジー』という本。その装丁と“文芸作品に見る紅茶”と言う視点が気に入りました。著者の奥野響子さんのライナーノーツを見ると、将来喫茶店を開きたいと書かれてありました。


散歩で本・本_e0113246_0504348.jpg




2軒目は、大阪農林会館にあるベルリンブックス。こちらは雑誌などでも紹介されているのでご存知の方も多いと思います。アート系の本を中心に映像、音楽、洋書等がセレクトされていて、古書店というより、デザインスタジオのような雰囲気です。

散歩で本・本_e0113246_0322892.jpg

ロバート・フランクの写真集が今回の目的でしたが、予算オーバーであえなくスルー。写真集は発行部数が少ないので、値段がプレミア的になることが多く、購入には大いなる決断が必要です。
大阪農林会館の地下には、ギャラリー「ナダール」があって、大阪でも数少ないアート気分を満たしてくれる素敵なビルの一つです。

今回2軒の古書店を廻って感じたことは、散歩の途中で立ち寄りたい場所に「古書店」があるということです。いい喫茶店と美味しいコーヒー、それに右脳を活性化させる「古書店」があれば、散歩は100倍楽しくなります。(笑)

  一色文庫
   大阪市中央区島之内2-9-3竹屋ビル1F奥
   TEL 06-6211-8187  

  BerlinBooks
   大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館212号
   TEL 06-6245-7781

散歩で本・本_e0113246_05082.jpg

by browns_cafe | 2007-07-08 00:56 | 写真・アート・books
<< papa jon's ... Prangipani フランジパニ >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31