人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
コーヒーショップ ヤマモト
昨年はコーヒーのニューウェイブが気になった一年でした。コーヒーと音楽、コーヒーとインテリア...そんなコラボな感じがとても新鮮で、コーヒーの美味しさはもちろんのこと楽しみ方がぐっと身近なものになったような気がします。
新年初レポは、40年前に京都の嵯峨野にオープンしたニューウェイブなコーヒーショップです。

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_15463863.jpg

コーヒーショップヤマモトが右京区嵯峨野に店を開いたのは今から約40年前のこと。清滝に続く釈迦清滝道と新丸太町通が交差する広い道路に面してその店はある。
外観は洋食のレストランみたいな感じで、玄関横の目隠しに植えられた樹木の大きさがこの店の長い歴史を物語っていた。

スリット状にガラスの入った扉を開けると、すぐ右手にはコーヒーの豆を入れるショーケースが置かれている。ショーケースと言っても木製の書棚のような感じで、ガラス窓の付いた引出しに20種類ほどの銘柄の豆が詰まった姿はなかなか美しい。焙煎されたコーヒー豆の艶やかな光沢はあたかも宝石のように思えてくる。

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_15501565.jpg


店内は、ホテルのサロンのような重厚感があり、このあたりの設えは新しいカフェでは決して味わうことはできない。一方、入り口横に仕切られたスペースには3脚ほどのテーブルが並んでいて、窓から光が差し込むのんびりした雰囲気になっている。

この日は一人だったので、窓際の席に腰を下ろした。
ゆるいジャズのBGMが流れ、上品な大人の喫茶室という印象である。

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_1547188.jpg


メニューは純喫茶並みに充実していて、スペシャルティコーヒーの他フルーツサンド、フレンチトーストなども選ぶことができる。コーヒーは自家焙煎の「特選ブレンド」が520円。値段が少々高いのが気になったが、とりあえずオススメの「特選ブレンド」を注文した。

しばらくするとノリタケの高級なカップに入った「特選ブレンド」が運ばれてきた。角砂糖はスプーンの上に2個。開店当時からの出し方なのだろう。
さっそく香りを嗅いで一口飲んでみると甘く濃厚な味わいが口の中に広がった。苦さよりより甘さが際だつ。奥のサイフォンが見えなかったら、ドリップで抽出されたと思ってしまうような濃厚な味わいである。

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_1547486.jpg

なるほどこれなら一杯520円もうなづける。この濃厚さからすると丁寧に焙煎されたたっぷりのコーヒー豆で抽出しているに違いない。

ブランチ代わりに注文したトーストも美味しかった。4種類のジャムやハチミツのミニパックがセットで出てくるのもうれしい。ふんわりした山食にバターとハチミツがとてもよく合う。ジャズのBGMを聴きながら、濃厚なコーヒーを味わうのは何とも贅沢な気分になる。

時間もほどほどなので、カップのコーヒーを一気に飲み干し、舌に絡んだハチミツを流し込んだ。“何ておいしいんだろう...”そう心の中でつぶやいて僕の正月喫茶は最高のものとなった。

帰り際マスタアと目があったので、「素敵なお店ですね。コーヒー、とても美味しかったです。」とお礼を言うと「そうですか。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」とにっこり頭を下げられて恐縮してしまった。

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_15515322.jpg

自家焙煎のコーヒーショップはたくさんあるが、この店のマスタアの目指すコーヒーが僕には一番身近に感じることができた。
今どきのコーヒーショップのオーナーが自分のスタイルで店を出しているように、このマスタアも開店当時からずっとコーヒーとの関わりを楽しんでいるように思えてならない。

コーヒーショップヤマモトでまたぼくの理想とする喫茶店が見えてきたようなする。今年は正月から縁起がいい。


●コーヒーショップ ヤマモト
  京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町9 TEL 075-871-4454
  午前9:00- 午後9:00  たぶん無休

コーヒーショップ ヤマモト_e0113246_15533453.jpg

by browns_cafe | 2008-01-13 16:01 | カフェ/喫茶店
<< School of Rock Happy New Year ! >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30