人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
Repos de midi / ルポ デ ミディ
Repos de midi / ルポ デ ミディ_e0113246_15101823.jpg

すっかりご無沙汰のカフェレポを復活するのにふと思いついたのが、枚方公園駅近くにあるこのカフェ。ぼくのカフェ選びのポイントとなるロケーションやのんびり度ではかなりいい線をいっていると思う。

枚方公園駅は、京阪で京都へ行く際に車窓から見える枚方パークでご存じの方も多いと思うが、街歩き、旧い建物が好きな方には、くらわんか舟の「鍵屋」のある駅と言った方がわかりやすいかもしれない。

枚方公園駅を降りると、ちょっと昭和な商店街があって、その裏道にあたる細い通りが旧京街道になる。西見附という宿場の西端を目印に通りを歩いてくと、鍵屋を過ぎたあたりに見える軒の低い町家が「ルポ デ ミディ」である。

京都あたりの重厚な町家ではなく、ごくフツーの民家の佇まいがこの町の雰囲気によく溶け込んでいる。初めてのカフェは少々緊張するものだが、靴を脱いで革製のスリッパに履き替えると、知り合いの家にでも招かれたように緊張の糸がゆるゆるとほぐれてくる。

Repos de midi / ルポ デ ミディ_e0113246_1562461.jpg

店内は奥に向かう狭い廊下の左手が雑貨、右手の6畳二間と縁側がカフェのスペースになっていた。
天井が低くガラス障子で仕切られたカフェスペースは、一時期流行った町家カフェの流れなのだけれど、「ほんまにこんなんでええのん?」と思ってしまうほど気負いのない“ゆるさ”を感じた。

エアコンの風が通るソファに腰を下ろすと、黒髪と大きな目がとても印象的な女性が水とおしぼりを運んできた。午後のまどろんだ雰囲気に、思わず「素敵なところですね。」というと「私もこの雰囲気が大好きなんですよ!旧いものが大好きです!」と即座に笑顔が返ってきた。
彼女はきり絵作家で、縁側のガラス障子に掲げてある「さくら」も彼女の作品なのだそうだ。

旧い足踏みミシン、Victorのカセット、レトロガラスの入った水屋やゼンマイ仕掛けの時計に囲まれて「昭和のはなし」ができるもの町家カフェならではの楽しみなのかもしれない。

Repos de midi / ルポ デ ミディ_e0113246_15105656.jpg

Repos de midi / ルポ デ ミディ_e0113246_15124255.jpg


すこしすると注文したコーヒーが運ばれてきた。
小振りな土モノの器で出されるコーヒーはとても甘い香りが際だつ美味しい一杯であった。舌の先で感じる甘さとのどの奥で感じる苦みのバランスがいい。お店の人によると数量限定で炭火自家焙煎のコーヒーも用意しているとのこと。オーナーが土日を利用して庭で焙煎するのだそうだ。

手作りの家具や手ぬぐいなどの雑貨、週末にオーナー自らが炭火で焙煎するコーヒーを味わえるカフェもそうざらには無いと思う。都心の商業カフェでは決して味わうことのできない“時間のゆるさと人のつながり”がこのカフェにはあると思う。

帰り際、きり絵のはがきを一枚買って、店名の「Repos de midi」の由来を聞いてみた。フランス語で、「お昼休み」の意味なのだそうだ。

確かに何を目的にするのではなく、ぼんやりと“お昼休み”を過ごすように時間を楽しむ使い方がこの店には合っていると思う。
枚方で見つけた町家カフェは、カフェ探しの楽しさを再認識させてくれる心地の良さに溢れている。

(追記)
ランチはありそうでないので悪しからず...
はちみつ、抹茶、黒胡麻の自家製ロールケーキはコーヒーとセットでどうぞ。


●Repos de midi / ルポ デ ミディ 
   〒573-0057 枚方市堤町10-12 TEL 072-843-1525
   open 11:00-18:00
   close 日・月曜日
   http://www.repos-de.com/

Repos de midi / ルポ デ ミディ_e0113246_15145488.jpg

by browns_cafe | 2008-06-22 15:24 | カフェ/喫茶店
<< カフェ 百花 / cafe ... soon !! >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30