人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
鳴海珈琲研究所
鳴海珈琲研究所_e0113246_1757042.jpg


C.A.Pという「芸術と計画会議」の拠点が、北野町の旧神戸移住センターからポートターミナルのQ2サイトに移転したという話を聞いた。C.A.Pというのは文化活動を推進する非営利団体で、
神戸を拠点として社会とアートを繋ぐ様々な活動を行っている。以前、山本通りの古い病院のような建物で行われたCAP HOUSEの写真イベントに参加したことがある。

三宮からポートライナーで2駅。ポートターミナル駅で降りると壁面に大きく「Q2」と書かれた建物が見えた。ポートターミナルは大正時代に開港された神戸港の突堤の一つで、外国航路が接岸するための埠頭が整備され、今も中国行きの国際航路や九州方面へ定期フェリーがここから就航している。

鳴海珈琲研究所_e0113246_1758337.jpg


新しいスペース名である「STUDIO Q2」のブルーの小さなサインを目印に、ひと気のない港湾ビルを迷路のように歩いていくと、C.A.Pの事務所にたどり着いた。事務所は、昭和初期と思われる古い旧乗船場の建物の一角にあり、あたりにはひんやりとした石造りの階段や丸い窓から差し込む光によって、時を忘れたような雰囲気が漂っていた。


鳴海珈琲研究所_e0113246_17584233.jpg


目的の「鳴海珈琲研究所」は、事務所の横の広いフリースペースの奥に“研究室”を構えていた。
カウンターと紅い椅子だけのシンプルなカフェスペース。その奥に“所長”の鳴海さんと思しき人影が見えた。鳴海さんの本職は写真家で、フリーなアートスペースにはカフェが必要と提案した結果、自らがカフェをすることになってしまったらしい。
早速椅子に座って、坂本龍一風の髪型に優しげな面持ちの鳴海さんにオリジナルブレンドのコーヒーをお願いした。

鳴海珈琲研究所_e0113246_18114253.jpg


ミルで豆を挽きドリップで抽出をしている姿は、研究半ばといった感じで少々素人っぽい印象がした。しかし、「どうぞ」とカウンターに運ばれたコーヒーを一口飲んでその印象は一転。マイルドながら上あごにしっかりと味わいがまとわり付く感じでとっても美味しい。マイルドな感じは、キリマンジャロをベースにサントスあたりをブレンドしているのではないかと思う。

少しコーヒーを味わってから、鳴海さんに“研究の成果”を聞いてみた。珈琲研究の名のとおり、生豆の状態から、焙煎、ブレンドの状態を克明記録しているのだという。カウンターの上には焙煎した豆を入れた瓶が並べられていて、焙煎の日時などのデータが記されていた。


鳴海珈琲研究所_e0113246_18121573.jpg


本当のところ鳴海さんは珈琲に詳しいのか詳しくないのか・・・かなり微妙な感じなのだが、今までのどの珈琲マスターとも違う珈琲へのアプローチがぼくには興味深く、色々と珈琲の話をさせていただいた。要するに自己流で自分が美味しいと思える珈琲を研究しているのだと言うことに間違いはない。
師匠がいて技を習熟するといった珈琲専門店のやり方とは違って、一期一会の表現の楽しみが、鳴海珈琲研究所が創るコーヒーにはあるということだと思う。


鳴海珈琲研究所_e0113246_1821761.jpg


研究所の“社会実験”は土日がメイン。海の見える広いスペースでゆるゆると珈琲を楽しみにくるのは、もはやC.A.Pがつなげているアートイベントに参加している気分になる。海を眺めながら美味しいコーヒーを飲んでアートにつながると、ここに来るのがますます楽しくなってくる。




●鳴海珈琲研究所
 神戸市中央区新港町4-3 上屋Q2  TEL 078-959-7707
 open : 10:00~17:00(たぶん土日のみ)


鳴海珈琲研究所_e0113246_18237.jpg

by browns_cafe | 2008-07-21 18:16 | カフェ/喫茶店
<< ブラスリー小屋 Browny Bread&Ba... >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31