人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
喫茶 星霜
喫茶 星霜_e0113246_2251111.jpg


散歩が大好きでカフェも大好き。
そんなぼくの欲求を満たしてくれるとても素敵なカフェにまたまた出会ってしまった。

場所は、天満橋の北詰を少し西へ歩いたところ。大阪再生のプロジェクトとして注目を集めている「八軒家浜」の対岸にあたる。
天満橋の北詰といえば、かのポンテ・ベッキオの本店があった場所として思い浮かべる人も多いと思う。

大阪のシンボルとも言える大川端の公園には桜が植えられ、午後の陽射しが木漏れ陽となって美しく沿道に差し込んでくる。
この界隈にはアンティークショップやGallery animaが入った安藤忠雄設計のTSビルなど、静かな環境ながら見所は多く、散歩には最高のロケーションとなっている。

喫茶星霜が、オープンしたのは、今年の5月のこと。以前、カフェで働いた経験のあるオーナーが、自分の好きなものだけを集めてこの場所にカフェを開いたのだそうだ。

喫茶 星霜_e0113246_2261226.jpg

外観はいたってシンプルな造りで通りを歩いていても気がつかないかもしれない。ランチメニューを書いた小さな黒板がなければ、カフェとは分からないと思う。ドアの横に「喫茶星霜」と書いた小さなプレートだけが目印になっている。



時間は午後4時。沿道に長く伸びた西陽を遮るようにドアを開けると、目の前に何とも居心地の良さそうな空間が広がった。
白い壁に長い年月を刻み込んだインテリアがゆっくりと映り込んでくる。奇をてらわず、モノとしての存在感だけで構成されたインテリアに、ぼくは感動してしまった。白い壁面を背景に使い込まれたモノの存在感が何とも美しい。


喫茶 星霜_e0113246_227592.jpg


この店の雰囲気を一番印象づけているのが、背もたれがゆるくカーヴした小振りな椅子。この椅子はかつて日本の女子大で使われていたもので、シンプルなモノとしての機能美がすばらしい。テーブルはこの椅子に合わせてオーダーしたオリジナルで、椅子の高さともマッチして、使い勝手もすごくいい。

インテリアに見とれるのもほどほどに、テーブルについてお目当てのコーヒーを注文した。ラジオから流れるBGMに耳を傾けながらコーヒーを待つ時間の何と心地いいことか...

喫茶 星霜_e0113246_2275845.jpg


「お待たせしました。砂糖とクリームはお使いですか??」と、オーナーのにこやかな笑顔とともにコーヒーが運ばれてきた。

コーヒーは上本町にある「赤い実コーヒー」のブレンドが使われていた。「赤い実コーヒー」といえば、谷町6丁目にある北欧アンティークを扱う珈琲の専門店だが、カフェと珈琲専門店のつながりを聞かせてもらうのは、コーヒー好きにとってもこの上もなく楽しい。丁寧に抽出されたコーヒーは苦みが少なくマイルドでとても飲みやすいものであった。


喫茶 星霜_e0113246_2295752.jpg


いつものように店名のことをオーナーに尋ねてみた。
「フードメニューをたくさん用意できないので、カフェというより喫茶という感じですね。」と笑顔が返ってきた。

なるほどこの店は、欲張らず、媚びることなく、ただただ“身の丈にあった”経営を実現されているのだと思った。

最近、初めてのカフェでハズレが少ない。
カフェブームがひと段落し、ブームで林立したカフェに満足できない次世代のオーナーが自分の理想とするカフェをつくり始めたからではないかと思う。

このカフェのインテリアはぼくが知るカフェの中でもダントツに美しい。
センスがいいとかデザインがどうかではなく、無駄なものを一切排除したところにこのカフェの“美しさと居心地”が存在するに違いない。


喫茶 星霜_e0113246_22111127.jpg

追記
coffee days 始まって以来の一押しカフェです。
coffee daysの管理人として、このカフェを“勝手に”応援したいと思います。
みなさまも是非!


●喫茶 星霜 kissa seiso
  大阪市北区天満4-1-2 天満佐藤ビル TEL06-6354-3518
  open: 9:00 - 19:00 (18:00 last order)
  close: 日曜日


喫茶 星霜_e0113246_2212072.jpg

by browns_cafe | 2008-08-27 22:27 | カフェ/喫茶店
<< 赤い実 coffee Pike Place Star... >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31