人気ブログランキング |



     ブログトップ
赤い実 coffee
赤い実coffeeに行って来ました。
星霜で出されているあのコーヒーをブレンドしているお店です。

初めて飲んだ星霜のコーヒーは意外なほどマイルドな味でした。
カフェでもドリップコーヒーが飲めるようになりましたが、そのほとんどが苦みの強いコーヒーだったような気がします。
そんなイマドキのコーヒーの中で星霜のコーヒーのマイルドさがとても新鮮で印象的でした。


e0113246_221041100.jpg


JR玉造駅から歩いて10分ほどのところに赤い実 coffeeはあります。
あたりはこれまた意外なほど静かで、コーヒーショップどころか、喫茶店すら見あたらないごくフツーの住宅街のロケーションです。

外観は白い壁面にドアと窓を切り取ったシンプルなデザインで、とてもコーヒーショップには見えません。ドアの横には赤い実を咥えた鳥のロゴプレートが掲げられてあり、ショーウインドウには北欧のテーブルウエアがディスプレイされてありました。

e0113246_2284838.jpg


赤い実 coffeeにはブレンドが数種類あって、訪れた日は4種類が用意されていました。夏限定のブレンドやチョコレートフレーバーなど、他のショップでは見慣れない銘柄もあって紅茶感覚で選ぶと楽しめると思います。

オーナーに喫茶星霜のことを話すとすぐに返事が返ってきました。
赤い実 coffeeでは、コーヒーを果物として“実=豆”本来の味を味わえるように焙煎を調整しているとのことでした。深く煎ると香ばしいだけで、豆の味や風味が損なわれてしまうのだとか。
苦み、酸味、甘みなどのテイストはそれぞれの豆の持つ特徴です。その特徴を考えながら最高のバランスで配合した結果、何杯でも飲めるマイルドなブレンドに仕上がったそうです。

ぼくもオーナーから豆についてのレクチャーを受けて「赤い実ブレンド」を200g買いました。
「豆はどうしましょう」と聞かれて「挽いてください」と答えましたが、店内で豆を挽いてもらった時に広がったふくよかな甘い香りに大大大ーびっくり。

とにかくふくよかで甘い香りなのです。
コーヒーが甘いという感覚はよく分かるのですが、これだけふくよかな甘さは初めてでした。


e0113246_2211472.jpg


たかがコーヒーとはいえ、やはり専門店のコーヒーはひと味も二味も違いますね。朝は忙しくていつもの「HILLS bro. Coffee」をがぶ飲みですが、夜中の一人ドリップでの「赤い実ブレンド」は最高の贅沢コーヒーになっています。

これが最高なんてコーヒーにはなかなか出会えませんが、「赤い実ブレンド」のマイルドな味わいは、ぼくのスタンダードの一つになりそうです。


●赤い実 coffee
  大阪市天王寺区空清町8-23 中西ビル1F TEL 06-6765-5123
   open:10:30~19:00
   close:日祝


e0113246_22115727.jpg





PS.1
kohakuzaさんにコメントいただいた島之内の一色文庫さんで飲めるようになったコーヒーも赤い実coffeeさんの豆が使われているそうです。
一杯250円!一色文庫へお越しの際は皆様もぜひ・・(笑)
写真は一色文庫さんの前に立て掛けてあった『コーヒーが飲めるようになりました。』の看板と隣にあるyubaeという雑貨屋さんです。
やっぱり素敵なお店はつながるのですね。

e0113246_0483497.jpg


PS.2
記事数がようやく100件となりました
日々の日記ではないので、なかなか進みませんが、200を目指して頑張ります。

訪問者数も週1400人を超えました。
これからどんな出会いがあるのか今からとても楽しみです。
ではこれからもよろしくお願いします。
by browns_cafe | 2008-09-07 22:19 | coffee beans
<< 骨董カフェ 和み屋 喫茶 星霜 >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31