人気ブログランキング | 話題のタグを見る



     ブログトップ
落花生
最近、またバンドをやり始めたのですが、そのステージ衣装御用達の店が京都の円町にあります。お店の名前はPORKY’S。アメカジスタイルや所さんの世田谷ベースがお好きな方なら絶対ご存じの有名店です。
そのPORKY’Sからすぐのところに、週末だけオープンするパン屋さんがあるというので行ってきました。


落花生_e0113246_15411425.jpg


通いなれた円町界隈はJRの駅が高架になった以外は、いまも昭和の雰囲気が漂う素敵なところです。市内最古の町家・川井家の前を通って、紙屋川沿いを歩いていると、レトロな理髪店を発見しました。
その前に手書きの看板が立て掛けてあり、落花生はすぐに見つかりました。

あたりは、ごくごく普通の住宅地なのですが、よく見ると昭和の町家も何軒か残っているのに気がつきます。
落花生もその一軒をリノベーションしたもので、狭い間口、落花生を型取った看板がとてもいい感じにマッチした素敵な外観です。


落花生_e0113246_1542187.jpg


さっそく、暖簾をくぐって中に入ると、通りニワのように奥に長い店内には、“ひょうたんランプ”がいくつも吊り下げられてありました。壁には、ひょうたんの切り込みから溢れ出る灯りの幻想な模様が浮き出ていて、他のパン屋さんとはずいぶん違う印象です。

入るなりひょうたんランプに見入っている不審な客が気になったのか、
「このランプは主人が作っているのですよ。ほら、二階から音が聞こえるでしょ・・」
と店主の佐々木さんから声をかけられました。

パン屋さんに行って、パン以外の事でつながるというのも変なのですが、声をかけてくださった佐々木さんの笑顔があまりに素敵なので、うっかり友達モードに入りそうになってしまいました。

それにしても、モノ作りをしている人というのはどうしてこんなに素敵なのでしょうか?以前、記事にした一乗寺『東風』さんの店主さんもこんな感じでした。


落花生_e0113246_15434578.jpg


天然酵母パンは、右手の棚に並んでいて、とても買いやすい雰囲気です。小振りなサイズながら、手に取るとずっしり重いあの感じで、天然酵母+手造り感が伝わってきます。

ぼくがあれこれ迷っていると「皆さん、黒糖クリームパンをお求めになられます。それと、うちのパンはサイズは小振りですが、粉の量はレギュラーサイズと同じなので、少しでもお腹一杯になりますよ。」とパン好きの友達と話している気分で、パンについていくらでも話ができそうな雰囲気です。

結局、黒糖クリームパン、いちじくパン、食ぱん、バナナパンを買いました。


落花生_e0113246_15462538.jpg


落花生_e0113246_15461072.jpg

いや〜いいですね。
値段は決して安くないですが、パンが手作りの“作品”であることがわかる存在感です。

帰り際、「また、二階で作品展をやりますので、おいでくださいね。」という店主の笑顔に、ぼくも思わず、にっこり手を振ってしまいました。
不祥ちゃありぃ探偵。
笑顔の素敵な店主にめっぽう弱いことが、バレバレでめっちゃ恥ずかしい・・(笑)

京都円町の「落花生」は、どこまでも友達感覚が素敵なパン屋さんでした。


●落花生
  京都市中京区西ノ京西鹿垣町18-12 TEL075-822-5090
  open:金曜日・土曜日のみ 11:00-18:00


落花生_e0113246_15484061.jpg


落花生_e0113246_1548114.jpg

by browns_cafe | 2009-02-11 16:07 | 美味しいもの/店
<< CC'S / シーシーズ 喫茶 探偵 >>



  管理人ちゃありぃ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31